エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  政策  ›  スマイル130プロジェクト  ›  スマイル130(いちさんまる)プロジェクトの取組(6) 「さけの子さっちゃん」 出動プロジェクト


ここから本文です。

スマイル130(いちさんまる)プロジェクトの取組(6) 「さけの子さっちゃん」 出動プロジェクト

ID番号 N29802 更新日 平成26年11月11日

 今回ご紹介するのは、大船渡水産振興センターによる、PRキャラクター『さけの子さっちゃん』を活用した、魚食の普及と復興・地域活性化の取組です。来年1月に開催される「いわての浜料理選手権 県大会」の参加チームを決定する大船渡地区大会を、さけの子さっちゃんが盛り上げました。

取組内容について


さけの子さっちゃん紹介カード
カードの裏面は沿岸の名物が載っています(全5種)

大船渡水産振興センターでは、同センターのPRキャラクターである「さけの子さっちゃん」を活用した復興・地域活性化の取組を行っています。
 水産や復興に関するイベントに参加し、魚食の普及を図るとともに、地域のイベント等の盛り上げに協力しています。
 子どもたちとのふれあいや、写真撮影に応じたり、盛岡駅前商店街振興組合が発行元となって作成した、さっちゃんの紹介カード(5種類)をイベント等で一般の方向けに配布するなどのPR活動を行っています。

 今回は10月8日(水)に大船渡市総合福祉センターで行われた『いわての浜料理選手権』の大船渡地区大会にさっちゃんも加わり、漁協女性部の皆さんとふれあいながら、大会を盛り上げていました。

取組を始めたきっかけ

写真:さっちゃん大人気
漁協女性部の皆さんに大人気のさっちゃん

さけの子さっちゃんの歴史は古く、ゆるキャラブームが始まるもっと前、平成9年に誕生。さけの普及啓発を目的に作られたキャラクターです。
 誕生から現在まで、地元の水産関係のイベントに出向き、水産物や大船渡地区のPR活動を継続して行っています。

 震災以降は、主に復興イベント等に来てほしいとの声が掛かり、県内外の様々なイベントに参加しています。
 昔から長く地域の為に貢献・活躍している「さけの子さっちゃん」という存在を活用しながら、今後も復興を促進し、地域を盛り上げ、大船渡地区をアピールしたいとの思いがあり、スマイル130プロジェクトの取組として、さけの子さっちゃんの活動を行っています。

取組のアピールポイント

さっちゃんの背中の小さなひれが「あぶらびれ」
さっちゃんのチャームポイントはこの”あぶらびれ”

 気仙地区は実はゆるキャラの激戦区ですが、さけの子さっちゃんは昔からの素朴な良さのあるキャラクターです。
 チャームポイントは、サケ科特有の「あぶらびれ」にこだわり、大船渡、陸前高田の両市の花である「椿」が頭飾りにあしらわれているところです。
 また、震災前までは、毎年11月11日(さけの日)の『サケの日給食』の日に、各小学校を訪問してサケの消費拡大PRを行っていたそうで、子どもの頃にさっちゃんとふれあったことのある方たちが多くいらっしゃいました。
 根気よく、継続して活動を続けていくことで、地域に長く愛されるキャラクターとなっているさけの子さっちゃん。職員よりも地域住民のみなさんの方が、さっちゃんについて詳しいそうです。

今後の展開

 さっちゃんは浜料理選手権の県大会にも参加する予定です。地区大会を勝ち抜いた強豪チームと交流しながら、岩手のおいしい浜料理を県内外へPRしていきます。
 さけの子さっちゃんはこれからも、様々な活動に参加して、復興支援や地域の盛り上げ、そして元気な大船渡地区を発信し続けます。

浜料理選手権のようす

写真:さっちゃんも試食会で交流
さっちゃんとの交流を楽しむ参加者の皆さん

 いわての浜料理選手権大船渡地区大会には、各地区の漁協女性部の7チームが参加し、賑やかに大会がスタートしました。
 この選手権では県産の水産物をメインとし、県産のワカメを必ず使ったレシピを含め、材料費は1食500円以内で “いわての魅力を伝える浜料理” が各チームから披露されました。
 試食交流会が始まると、それぞれのテーブルを回って各チームの浜料理を試食しながら、参加者同士で会話を弾ませ、会場はとても賑やかで漁協女性部の活気が感じられました。
 さっちゃんも試食交流会の会場に登場し、各テーブルを回って参加者の方々と交流しました。漁協女性部の皆さんはさっちゃんに対してとても好意的で、大きなリアクションやコミカルな動きをするさっちゃんとの交流を楽しんでいました。
それぞれ写真を撮ったり、パックにお料理を詰めてさっちゃんに手渡しして下さる方もいらっしゃいました。
中にはご自分のお子さんが「さけの子さっちゃん」の名前の名付け親だという方も。
さっちゃんの名前は一般公募で決まったそうですが、偶然名付け親のお母様にお話を聞けるというのも、うれしい驚きでした。

 どの料理もレベルが高く、難航した審査結果の末、全チームに金賞が送られましたが、その中でも特に評価が高かった大船渡市漁協大船渡地区女性部の「さんまの野菜ロール・鮭の油揚げ包み御膳」が最優秀賞に輝き、来年の県大会に進むこととなりました。

 今年が初開催の「いわての浜料理選手権」においては、来年度以降も継続してイベントを行うとのこと。
久慈、大船渡、宮古、釜石の4地区の地区大会の後、来年の平成27年1月30日(金曜日)に県大会が開催される予定です。
 

記念撮影

写真:参加者の皆さんで記念撮影
参加者の皆さんとさっちゃんも一緒に記念撮影。おつかれさまでした!

関連リンク

さけの子さっちゃん(大船渡水産振興センターPRキャラクター)

大船渡水産振興センター『復興板』

『いわての浜料理選手権』開催概要

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 政策推進室 政策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5509 ファクス番号:019-629-5254
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.