エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  政策  ›  スマイル130プロジェクト  ›  スマイル130(いちさんまる)プロジェクトの取組(3) 三陸鉄道を利用した応援派遣職員との交流会


ここから本文です。

スマイル130(いちさんまる)プロジェクトの取組(3) 三陸鉄道を利用した応援派遣職員との交流会

ID番号 N26716 更新日 平成26年7月22日

 今回ご紹介するのは、沿岸広域振興局による三陸鉄道 『レトロ車両』 を利用した、他県からの応援派遣職員との交流を目的とした取組です。

取組の内容について

写真:うにっちお出迎え
うにっちも来てくれました!

 沿岸広域振興局では、三陸鉄道のレトロ車両を利用して、釜石地区合同庁舎の職員と他県からの応援派遣職員との交流会を行いました。

 釜石地区合同庁舎には、札幌市、東京都、千葉県、富山県、静岡県、静岡市、大阪府、大阪市、山口県、福岡県の10自治体から、計25名の応援派遣職員が派遣されています。

 交流会には(株)浜千鳥の代表取締役、新里進さんが特別ゲストで参加され、三陸鉄道の新車両をラベルに描いた地酒「鐵の道(てつのみち)」を提供していただきました。
 「鐵の道」はローカル鉄道を支援する目的で開発された日本酒で、売り上げの一部は、三陸鉄道が運行されている地域の活性化事業に活用されるというもの。

 そして、今回乗車した三陸鉄道のレトロ車両は、クウェートから支援を受けた新車両で、今年4月の全線再開に合わせて導入されたものです。
 この新車両のレトロ車両に乗って、南リアス線の釜石駅から盛駅間を往復しました。

取組を始めたきっかけ

写真:車内のようす
交流会が始まりました

 この取組は、地元を離れ、不慣れな土地で復興事業に関する業務に尽力する応援派遣職員をねぎらい、職員同士の交流を深めることを目的に実施されたものです。

 また、応援派遣職員の活動については、マスコミも注目しており、当日は岩手日報からの取材もありました。

取組のアピールポイント

写真:弁当や地酒
ウニ飯おにぎりの入った特製弁当と『鐵の道』

 今回の取組では、三陸鉄道に乗車して、『かまいしキッチンカーむすびや』の地元産ウニを使ったウニ飯おにぎりが入った特製弁当や、三陸鉄道からは特製のあたたかいつみれ汁を提供していただき、岩手の味を楽しみながらの交流となりました。
 地元の名物を利用し、地元の味を楽しんでもらい、他県からの応援派遣職員に岩手をより深く知ってもらう機会となった取組になっています。

 なお、沿岸広域振興局ではこのような取り組みを通して、三陸鉄道の利用促進にもつながっていくことを期待しています。

今後の展開

 今後は、応援派遣職員の現場視察研修や、応援派遣職員の自治体の先進事例紹介、また、本県への提言等を目的とした発表会等が予定されています。

応援派遣職員の声

写真:集合写真
みなさん、おつかれさまでした!

 参加した応援派遣職員の方々からは、

「他の部署の職員と交流する機会がないので、とても良い取組。また参加したい」といった声や、 
「自分の地元にはこのようなレトロ車両が無いので、とても新鮮だし貴重な体験ができた」などの声が寄せられました。  

 今回、応援に来ていただいている職員の中には、以前岩手に派遣されていた方のお話を聞いたことがきっかけで関心を持ち、岩手に来ることを決めたという方もいました。
 
 応援派遣職員のみなさんは、岩手の復興を支援したいという意識が高く、復興事業の多忙な業務に追われながらも、明るくはつらつとした表情が印象的でした。
 皆さんのお話をお聴きし、復興が全国のたくさんの方々に支えられていることに改めて深く感謝する機会となりました。

関連リンク

三陸鉄道株式会社

株式会社浜千鳥

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 政策推進室 政策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5509 ファクス番号:019-629-5254
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.