エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  政策  ›  いわてマンガプロジェクト  ›  ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社  ›  震災から5年『ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社』最新刊が発売されました!


ここから本文です。

震災から5年『ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社』最新刊が発売されました!

ID番号 N43476 更新日 平成28年3月7日

「いわてマンガプロジェクト」の一環として、県が応援しているマンガ『ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社』の最新刊が3月7日(月)に発売されました。

東日本大震災津波から5年を迎えるにあたり、一関市出身・在住の漫画家 飛鳥あるとさんが、沿岸被災地を訪ね歩いて感じた岩手の今をもとに描き上げた、絆と交流をテーマにした作品集となっています。

■『ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ』
 掲載内容:被災地の今を紡ぐ4作品を収録
  〔陸前高田市〕思い出の品編(復元された遺留写真に蘇る面影)
  〔大船渡市〕恋し浜ホタテデッキ編(以前登場した家族のその後)
  〔遠野市〕畑わさび栽培編(被災した加工業者の支援をする農家)
  〔釜石市〕FM岩手釜石支局編(パーソナリティーの抱く不安)

なお、『ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社』既刊3巻から厳選した5話を収録した『ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 ベストセレクション』も同日(3月7日(月))発売されます。
 (収録作品)
   「舟上のマドンナ」(猊鼻渓の女性船頭)
   「記者の母」(焼走り溶岩流への親子旅)
   「鬼と言霊」(鬼剣舞と小学生の友情)
   「三陸の海」(恋し浜で奮闘する漁師)
   「ひび割れた心」(南部鉄器の職人修行)

『ゴーガイ!』は、一関市在住の漫画家・飛鳥あるとさんにより、2009年より雑誌「BE・LOVE」に掲載されている作品です。岩手の地方新聞社に勤める女性記者が、取材を通じて岩手のさまざまな魅力を発見していくというストーリー。2010年5月には、講談社と県の共同企画により、岩手のグルメ・観光情報を掲載した単行本を発売し話題を集めました。

ゴーガイ!最新刊

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

文化スポーツ部 文化振興課 文化交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6286(内線番号:6286) ファクス番号:019-629-6484
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.