エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  政策  ›  いわてマンガプロジェクト  ›  ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社  ›  『ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社』3号目(第3巻)発売!


ここから本文です。

『ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社』3号目(第3巻)発売!

ID番号 N5872 更新日 平成29年4月12日

『ゴーガイ! 岩手チャグチャグ新聞社』の3号目(第3巻)

『ゴーガイ! 岩手チャグチャグ新聞社』の3号目(第3巻)が、平成23年10月13日(木曜日)に発売になりました。

『ゴーガイ! 岩手チャグチャグ新聞社』は、岩手県一関市在住の漫画家・飛鳥あるとさんにより、講談社の雑誌「BE・LOVE」に平成21年から不定期連載された作品です。物語は、岩手にある架空の地方新聞社に勤める女性記者(坂東さきる)が、県内各地を取材してその魅力を再発見していくというもの。岩手のさまざまな名所や文化がテーマとしてとりあげられています。

第3巻では、奥州市、一戸町、久慈市、岩泉町、釜石市、洋野町が作品に登場。主人公(坂東さきる)が被災地に赴く特別編も収録され、第2巻で舞台となった大船渡市「恋し浜」が再び登場します。

さらに、県と講談社との共同企画による「特集記事 ふんばる岩手人!」を掲載。このたびの東日本大地震津波を受け、さまざまな活動を通して復興へむけ尽力する岩手の人たちを紹介しています。また、平成23年6月に世界遺産登録された平泉が、第1巻に引き続いて記事に登場。今回は「平泉の旅 Side-B」として、知る人ぞ知るB面の平泉を紹介します。

『ゴーガイ! 岩手チャグチャグ新聞社』3号目(第3巻)は、全国書店で好評発売中です。

書籍概要

題名
『ゴーガイ! 岩手チャグチャグ新聞社』 3号目(第3巻)

著者
飛鳥あると

出版
講談社

定価
590円(税込み)

発売日
平成23年10月13日(木曜日)

内容

  • 作品に登場する岩手県の都市
    奥州市、一戸町、久慈市、岩泉町、釜石市、洋野町、大船渡市(全6話)
  • 特集記事 ふんばる!岩手人
    Part1:震災後の岩手を支える”ボランティアな人々”
     (1)被災した母子をサポート! NPO法人いわて子育てネット(盛岡市)
     (2)特殊技術の持ち主が支援のために集結! 大根コンプロジェクト(平泉町)
    Part2:3.11からのメイドインいわて
     (1)南部鉄器製造 及源鋳造株式会社
     (2)”北限のお茶”気仙茶に魅せられて 焙茶工房しゃおしゃん
    Part3:三陸へ行こうよ!
     (1)日本三大鍾乳洞のひとつ 龍泉洞
     (2)復旧待ち遠しいローカル線の雄 三陸鉄道
    Part4:地方紙記者の3.11、そしてこれから
    Part5:祝!世界遺産登録 平泉の旅 Side-B

既刊概要

『ゴーガイ! 岩手チャグチャグ新聞社』 1号目(第1巻)、2号目(第2巻)も、全国書店で好評発売中です。

第1巻

平成22年5月刊行。遠野市、平泉町、花巻市、一関市が舞台として登場しました。
また、県と講談社との共同企画により、岩手県のグルメ・観光情報を20ページにわたって掲載。岩手のマンガ情報誌としても楽しめる内容になっています。

第2巻

平成23年6月に刊行。一関市、北上市、八幡平市、大船渡市が舞台として登場しました。
また、3月11日に起こった東日本大震災津波を受けて、関係者等が「これからの岩手への思い」をテーマに「We Love いわて 魂のつぶやき(ツイート)」と題して応援メッセージをよせているほか、作者自身の震災体験を描いた「東北が止まった日 岩手内陸の5日間」を収録しています。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

文化スポーツ部 文化振興課 文化交流担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6286(内線番号:6286) ファクス番号:019-629-6484
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.