エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  政策  ›  情報化推進  ›  社会保障・税番号(マイナンバー)制度


ここから本文です。

社会保障・税番号(マイナンバー)制度

ID番号 N29439 更新日 平成28年4月18日

平成28年1月から、マイナンバーの利用が始まりました!

平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続で、マイナンバーの利用が始まりました。

県への手続きでも、申請書などの書類にマイナンバーの記載が必要となる場合があります。

また、マイナンバーを記載した書類を行政機関へ提出する際は、本人確認書類を併せてご用意いただく必要があります。

本人確認書類は、(1)個人番号カード、(2)通知カードと運転免許証など、(3)マイナンバーの記載がある住民票と運転免許証などのいずれかをご用意いただく必要があります。

マイナンバーが必要となる県への手続きについて詳しくは、添付のリーフレットをご覧ください。

事業者の皆様もマイナンバーを取扱います!

事業者の皆様は、社会保険の届出や源泉徴収票の作成などの行政手続などのため、従業員などのマイナンバーを取扱います。

マイナンバーを取扱う際には、法律で決められたルールを遵守するとともに、情報漏えいを起こさないために、適切にマイナンバーを管理する必要があります。

また、万が一、マイナンバーが漏えいしてしまった場合、個人情報保護委員会へ報告することが義務付けられる場合があります。

詳しくは、下記のリーフレットをご覧ください。

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください!

マイナンバー制度に便乗し、電話等で不正にマイナンバーなどを聞き出そうとする事案が発生しています

マイナンバー制度をかたった不審な電話、メール、手紙、訪問等があった場合は、県民生活センター又は市町村の消費生活相談窓口や警察に御相談ください

各種相談窓口

○岩手県立県民生活センター  消費生活相談専用 電話:019-624-2209

○岩手県警察本部 警察安全相談 電話:019-654-9110

 

法人番号について

 マイナンバー制度では、法人の皆様にも、「法人番号」が割り当てられます。

マイナンバー制度とは

図

 マイナンバー制度とは、国が国民一人一人に番号を付番して、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現することを目的とした制度です。

 マイナンバー制度を導入することによって、従来では複数の機関を回って申請に必要な添付書類を集めなければならなかった手続きが、役所の窓口にて番号を提示するだけで済むようになり、国民の皆様の役所での手続きが簡単になります。なお、制度導入当初に番号を利用できるのは、社会保障・税・災害対策の3分野となっております。

 上の図の中央にいるウサギは、マイナンバー制度の公式マスコットの「マイナちゃん」です。

お問い合わせ

マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178(無料)

平日9:30~20:00 土日祝9:30~17:30(年末年始12月29日~1月3日を除く)

○「通知カード」「個人番号カード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせにお答えします。

○音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。

 

※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル

  ・0120-0178-26 (マイナンバー制度に関すること)

  ・0120-0178-27 (「通知カード」「個人番号カード」に関すること)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 情報政策課 地域情報化担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5313
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.