エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  政策  ›  政策評価  ›  政策評価専門委員会  ›  平成25年度第1回政策評価専門委員会会議録


ここから本文です。

平成25年度第1回政策評価専門委員会会議録

ID番号 N13688 更新日 平成26年1月17日

平成25度第1回岩手県政策評価専門委員会

開催日時

平成25年7月16日(火曜日)  10時30分から正午

開催場所

エスポワールいわて 1階 小会議室

出席者

西出順郎専門委員長、小野澤章子委員、辻明子委員、前川敬子委員(委員5名中4名出席)

議題及び報告事項

議事に入る前に、事務局から委員会を非公開で開催することについて説明があり、委員から了承された。

平成24年度主要施策の成果に関する説明書の作成状況について

事務局から議題について説明があり、質疑が行われた。
委員からの主な意見等は次のとおり。

質疑
概要版の「7つの政策の具体的な推進方策の状況」で遅れが見られる取組として例示しているが、これは何らかの基準で選定しているのか。
回答
算定基準のようなものは存在しないが、施策の重要性等を鑑みて選定している。

質疑
指標の扱いが全て同じだが、指標ごとに重要性の違いや取組に要する予算額が異なっている場合もある。この点をどのように解釈しているか。
回答
その指標の動向を解説する際などに、重要性等を踏まえて説明する必要があるものと認識している。

質疑
みんなで目指す姿指標がうまくいっているのに、県の具体的な推進方策指標が上手くいっていない場合があるが、この点をどのように整理しているか。
回答
そのようなギャップが何故生じたのかという分析から、次の取組への対応策を考えるようにしていくものと認識している。

意見
成果説明書は、いわて県民計画の7つの政策で分類して整理されているが、各政策にまたがる取組について追える仕組みになっていない。
成果説明書の見せ方で対応できる余地はないか検討してもらいたい。

その他

西出順郎専門委員長から、以下の点について提案がなされた。

東日本大震災からの復旧・復興の取組に対して、政策評価専門委員会としても県の取組やその課題について議論を行うなど、何らの活動を行うべきではないか。

ほか、事務局からの連絡事項は次のとおり。

次回の政策評価専門委員会は、平成25年11月上旬に開催することとして調整する。

会議資料

傍聴者人数

一般 0人
報道 0人

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 政策推進室 評価担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5181 ファクス番号:019-629-5254
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.