エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  政策  ›  政策評価  ›  県民協働型評価(評価担当)  ›  県民協働型評価の概要


ここから本文です。

県民協働型評価の概要

ID番号 N6196 更新日 平成27年5月8日

県では、県が自ら行う内部評価とは異なる視点と仕組みで、NPO等の民間の方々が、より県民の実感に近い視点で県施策の評価、政策提言を行う「県民協働型評価」を進めています。

県民協働型評価の目的

  1. 多面的評価実施による施策の質的向上
    県が自ら行う内部評価とは異なる視点と仕組みで、NPO等の民間の方々が、より県民の実感に近い視点で、県施策の評価、政策提言を行うことにより、その施策の質的向上と推進に寄与する(県民協働型評価のしくみ参照)。
  2. 県民、NPO、公益法人など多様な主体の政策形成への参画促進
    外部評価実施をきっかけとして、県民やNPO等の県政運営への参画を促進し、協働による政策形成を実現する。

県民協働型評価推進事業の実施方法

  1. 評価企画案の公募
    県が指定するテーマと自由テーマの2種類について、県内に事務所を有するNPO及び公益法人を対象に評価方法などの提案を募集。
  2. テーマの選定
    外部有識者を含む審査員により企画案を選定。県と団体で委託契約を締結。
  3. 評価活動
    評価団体がアンケート調査やワークショップなどを開催し、評価業務報告書(提言含む)を作成。
  4. 評価結果についての意見交換
    評価実施団体、県関係部局、総合政策部による意見交換会で、次年度以降の施策への反映等について協議。
  5. 次年度以降への反映
    評価及び意見交換結果等を基に、施策を来年度以降に展開。

県民協働型評価協定の締結について

県内の中間支援NPO15団体から構成される「いわてNPO中間支援ネットワーク」との間で、「県民協働型評価に関する協定」を締結しています。

県民協働型評価ハンドブックについて

協働型評価の企画から報告書の作成まで、県民協働型評価の知識やノウハウをとりまとめた「県民協働型評価ハンドブック」を作成しました。

県民協働型評価のしくみの図

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 政策推進室 評価担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5181 ファクス番号:019-629-5254
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.