エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  政策  ›  政策評価  ›  公共事業評価の評価結果  ›  平成30年度  ›  平成30年度公共事業評価の実施状況(事前評価及び継続評価)(平成30年10月実施分)


ここから本文です。

平成30年度公共事業評価の実施状況(事前評価及び継続評価)(平成30年10月実施分)

ID番号 N65518 更新日 平成30年12月12日

1 評価の目的

公共事業評価は、厳しい財政環境の中にあって、公共事業の一層の効率化、重点化を推進するとともに、その実施過程の透明性の向上を図ることを目的として、平成10年度から実施しています。
このたび、平成30年度公共事業評価の事前評価結果及び継続評価結果(10月実施分)を取りまとめましたので、政策等の評価に関する条例(平成15年岩手県条例第60号)の規定に基づき、実施状況を公表するものです。

2 評価の対象

(1)事前評価

 

翌年度に事業着手を予定している公共事業(災害復旧事業及び維持管理に係る事業並びに総事業費50億円以上の大規模公共事業を除く。以下同じ。)を対象として評価を行いました。

所管部局:農林水産部
事前評価対象:25地区

所管部局:県土整備部
事前評価対象:13地区

合計:38地区

(平成30年10月末までに評価を実施した地区を掲載しており、これ以降に評価を実施した地区については、後日公表する予定です。)

(2)継続評価

平成30年度に実施している公共事業のうち、来年度に継続を予定している事業を対象として評価を行いました。(再評価の対象となった事業を除く。)

所管部局:農林水産部
継続評価対象:132地区

所管部局:県土整備部
継続評価対象:121地区

合計:253地区

3 評価の実施時期

(1)事前評価

平成30年10月

(2)継続評価

平成30年10月

4 評価の方法

(1)事前評価

「自然環境等の状況及び環境配慮事項」及び「事業に関する指標からみた評価」の2つの項目について評価を行い、これらの項目評価の結果を踏まえ総合評価を行いました。

事業に関する指標からみた評価とは

事業ごとの評価指標に基づき、「必要性」、「重要性」、「緊急性」、「効率性(費用便益比(B/C)」、「熟度」の5項目について点数化(100点満点)し、評価するもの。

(2)継続評価

事前評価に同じ。

5 評価結果

(1)事前評価

総合評価
所管部局 評価実施地区数 AA A B C
農林水産部 25 1 24 0 0
県土整備部 13 4 4 5 0
合計 38(100.0%) 5(13.2%) 28(73.7%) 5(13.2%) 0(0.0%)

 

(2)継続評価

総合評価
所管部局 評価実施地区数 AA A B C
農林水産部 132 38 94 0 0
県土整備部 121 17 79 25 0
合計 253(100.0%) 55(21.7%) 173(68.4%) 25(9.9%) 0(0.0%)

6 評価調書

本件に関するお問い合わせ先

  • 公共事業評価の制度全般について
    政策地域部政策推進室評価担当(電話:019-629-5181)
  • 公共事業評価の事業地区など詳細について
    農林水産部農林水産企画室(電話:019-629-5623)
    県土整備部建設技術振興課(電話:019-629-5951)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 政策推進室 評価担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5181 ファクス番号:019-629-5254
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.