エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  産業振興  ›  海外マーケット・いわて海外展開支援コンソーシアム  ›  海外向けに輸出される酒類に関する証明書の発行について  ›  仏領ポリネシア向けに輸出される酒類に関する証明書の発行について


ここから本文です。

仏領ポリネシア向けに輸出される酒類に関する証明書の発行について

ID番号 N8091 更新日 平成26年1月17日

証明書発行の対象となる食品等

岩手県で製造され、仏領ポリネシアに輸出する酒類

証明書の発行要件

次の1又は2のいずれかの要件を満たす酒類に証明書を発行します。

  1. 平成23年3月11日より前に製造されたものであること【日付証明】
  2. 福島県、群馬県、茨城県、栃木県、宮城県、長野県、山梨県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県及び静岡県以外の道府県が原産であること【産地証明】
    主原料が指定都県産の場合は、主原料の放射線証明書を添付した上で生産地証明の発行を行います。

証明書の申請手続

次の1から3の書類に、申請内容を確認することができる書類を添付し、産業経済交流課海外マーケット担当に提出してください。

  1. 証明書発行申請書(別記様式1)
  2. 証明書様式
  3. 輸出酒類添付別表様式

様式と証明書様式の記載参考は、最下段にあります。

添付書類

証明内容:共通

  • 申請書の記載事項を確認することができる書類
    インボイス、パッキングリスト、船荷証券(B/L)、航空運送状(AWB)など

証明内容:日付証明

  • 酒類の詰口年月日を証明することができる書類
    詰口帳など

証明内容:産地証明

  1. 酒類の詰口年月日、詰口等をした場所を証明することができる書類
    詰口帳など
  2. 該当酒類の主原料(原料のうち最も重量の大きいもの)を生産・最終等した場所の都道府県を証明することができる書類
    原料の受払帳など

国からの通知

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 産業経済交流課 海外マーケット担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5534 ファクス番号:019-623-2510
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.