エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  震災復興 ›  生活の再建  ›  「おかね」のこと  ›  被災者生活再建支援金  ›  被災者生活再建支援制度


ここから本文です。

被災者生活再建支援制度

ID番号 N1822 更新日 平成29年10月19日

被災者生活再建支援制度とは、災害で住家を失った世帯に対し、住宅の被害の程度や住宅の再建方法に応じて支援金が支給される制度です。

支給額は、被災時の世帯人数(1人の場合は単数世帯、2人以上の場合は複数世帯に区分)により異なり、下記の2つの支援金(基礎支援金、加算支援金)の合計額になります。

東日本大震災津波により被災された世帯主の方が支援金の支給を受けるには、申請期間内に、申請書等を市町村役場を経由して公益財団法人都道府県会館に提出する必要があります。

住宅の被害程度に応じて支給する支援金(基礎支援金)

申請期間
市町村
平成30年4月10日まで ※1
宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、北上市、奥州市、一関市
平成29年4月10日まで
盛岡市、花巻市、久慈市、遠野市、二戸市、八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ヶ崎町、平泉町、住田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町

支給額

  • 住宅の被害程度:全壊等 ※2
    複数世帯100万円、単数世帯75万円
  • 住宅の被害程度:大規模半壊
    複数世帯50万円、単数世帯37.5万円

※2 全壊等には、半壊又は敷地被害が生じ、やむを得ない事由で解体した世帯を含みます。

住宅の再建方法に応じて支給する支援金(加算支援金)

申請期間:平成30年4月10日まで ※3

支給額

  • 住宅の再建方法:建設・購入 ※4
    複数世帯200万円、単数世帯150万円
  • 住宅の再建方法:補修 ※4
    複数世帯100万円、単数世帯75万円
  • 住宅の再建方法:賃借(公営住宅を除く)
    複数世帯50万円、単数世帯37.5万円
※1,3 東日本大震災に係る被災者生活再建支援金の申請期間については、被災地における危険な状況の継続その他やむを得ない事情により被災世帯の世帯主が申請期間内に被災者生活再建支援金の支給の申請をすることができないと認められるときは、その期間を延長することが可能となっており、1年を超えない範囲の期間を繰り返し設定できることとされております。
 
※4 一旦住宅を賃借した後、自ら居住する住宅を建設・購入(又は補修)する場合は、合計で200万円(又は100万円)

 

【お問い合わせ先】被災の際に居住していた市町村

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

復興局 生活再建課 被災者支援担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6917 ファクス番号:019-629-6944
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.