エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  林業  ›  特用林産物  ›  放射性物質濃度検査結果(特用林産物)  ›  きのこ類の放射性物質検査の結果について(12月22日公開分)


ここから本文です。

きのこ類の放射性物質検査の結果について(12月22日公開分)

ID番号 N31531 更新日 平成26年12月22日

きのこ類の放射性物質検査の結果について(12月22日公開分)

県産農林水産物の放射性物質濃度の検査計画に基づき、施設栽培原木生しいたけ6検体、菌床しいたけ4検体及び原木なめこ2検体について検査を実施した結果、全て基準値以下でした。

検査結果

品目 市町村 採取日 測定日 セシウム134 セシウム137
施設栽培原木生しいたけ 奥州市 11月30日 12月2日 不検出(<6.6) 不検出(<8.3) 不検出(<15)
施設栽培原木生しいたけ 宮古市 12月3日 12月4日 不検出(<8.7) 14.1 14
施設栽培原木生しいたけ 紫波町 12月10日 12月11日 不検出(<5.26) 10.9 11
施設栽培原木生しいたけ 盛岡市 12月17日 12月18日 不検出(<7.97) 22.2 22
施設栽培原木生しいたけ 岩手町 12月17日 12月18日 不検出(<7.72) 13.9 14
施設栽培原木生しいたけ 矢巾町 12月17日 12月18日 不検出(<9.39) 不検出(<8.24) 不検出(<18)
菌床しいたけ 一関市 12月3日 12月4日 不検出(<8.66) 不検出(<7.79) 不検出(<16)
菌床しいたけ 矢巾町 12月3日 12月4日 不検出(<9.91) 不検出(<7.38) 不検出(<17)
菌床しいたけ 紫波町 12月10日 12月11日 不検出(<7.20) 不検出(<7.01) 不検出(<14)
菌床しいたけ 葛巻町 12月17日 12月18日 不検出(<7.85) 不検出(<6.51) 不検出(<14)
原木なめこ 矢巾町 12月3日 12月4日 不検出(<11.7) 不検出(<7.39) 不検出(<19)
原木なめこ 矢巾町 12月3日 12月4日 不検出(<9.65) 不検出(<9.15) 不検出(<19)

測定結果(単位:1キログラムあたりのベクレル)
(参考)一般食品の基準値 セシウム134とセシウム137の計100

測定機関:岩手県農業研究センター
測定機器:ゲルマニウム半導体検出器
放射性セシウムの合計:セシウム134とセシウム137を合算して有効数字2桁に四捨五入したもの
(注)「測定結果」欄の( )内は検出限界値を指す

 

[参考]国の出荷制限指示等の状況(平成26年12月22日現在)

しいたけにおける国の出荷制限指示:13市町

品目 対象の市町名
露地栽培原木生しいたけ 【平成24年4月指示】
陸前高田市、住田町、大船渡市、一関市、釜石市、奥州市、平泉町、大槌町
【平成24年5月指示】
花巻市(平成26年10月7日一部解除)、北上市(平成26年10月7日一部解除)、遠野市、金ケ崎町、山田町(平成26年10月7日一部解除)

(注1)露地栽培原木しいたけとは、露地栽培原木生しいたけ及び露地栽培原木乾しいたけをいう。
(注2)一部解除の対象は、「岩手県放射性物質低減のための原木きのこ栽培管理チェックシート」に即して生産され、基準値以下であることが確認されたしいたけである。
 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 林業振興課 振興担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5776 ファクス番号:019-629-5779
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.