エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  林業  ›  森林整備  ›  伐採及び伐採後の造林の届出制度について


ここから本文です。

伐採及び伐採後の造林の届出制度について

ID番号 N30707 更新日 平成29年5月10日

伐採及び伐採後の造林の届出について

大切な森林を守るために

森林は、木材を生産するだけでなく、水源のかん養など重要な役割を果たしています。

森林の持つ働きを維持するため、自分の所有する森林であっても、森林の立木を伐採しようとするときは、市町村長に「伐採及び伐採後の造林の届出書」の提出が必要です。

また、平成29年4月1日以降に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出したものは、伐採後の造林が完了したときに、市町村長に「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」の提出が必要となります。

この制度は、森林の伐採や伐採後の造林が適切に行われるよう、森林法に基づき届出や報告を義務づけているものです。

なお、無届で伐採が行われた場合や届出をしない場合、市町村から伐採の中止や造林の措置命令が発出されることがありますので、ご注意ください。

誰が届出や報告をするの?

1 「伐採及び伐採後の造林の届出」

 立木を伐採する者と伐採後の造林を行う者(森林所有者)が連名で提出します。

2 「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告」

 造林をした者が提出します。

いつ・どこに届出や報告をするの?

1 「伐採及び伐採後の造林の届出」

 実際に伐採を始める90日から30日前までに、伐採する森林のある市町村長に届出書を提出してください。

2 「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告」

 造林を完了した日から30日以内に、造林した森林のある市町村長に報告書を提出してください。

様式&相談

届出書、報告書は添付ファイルです。

詳しくは、伐採する森林の所在する市町村の林務担当課へご相談ください。

手続きが異なるケース

伐採する森林が保安林である場合

伐採前に、保安林の伐採について手続きが必要です。

最寄りの振興局林務担当部等に相談してください。

伐採後の森林以外に転用する面積が1ヘクタールを超える場合

伐採前に林地開発許可の手続きが必要です。

最寄りの振興局林務担当部等に相談してください。

森林経営計画を立てている森林で、計画通り伐採を行う場合

伐採後に、森林経営計画に基づく届出が必要です。

市町村の林務担当課にご相談ください。

森林経営計画を立てている森林で、計画していない伐採をする場合

伐採前に、森林経営計画の変更手続きが必要です。

市町村の林務担当課にご相談ください。

 

添付ファイル

様式

関連リンク

保安林の伐採許可についてはこちらから

林地開発にかかる手続きはこちらから

林野庁の制度説明

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 森林整備課 計画担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5783 ファクス番号:019-629-5794
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.