エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報


ここから本文です。

治山林道工事木材利用推進

ID番号 N4037 更新日 平成30年2月15日

趣旨

 本県の有する森林資源の適切な整備を進め、その循環利用と林業生産活動の活性化を図るため、岩手県公共施設・公共工事木材利用推進行動計画に基づき、森林土木事業において、県産材の活用について積極的に取り組み、木材利用拡大を推進するものです。

取組方針

 森林土木事業の実施に当たっては、林野庁制定の森林土木木製構造物設計指針及び暫定施工歩掛、平成12年度制定の「治山・林道事業に係る木材・木製品適用基準について」(平成13年3月23日付け森第1258号林業水産部長通知)を基本にし、可能な限り木材の利用を推進するものとしています。

 また、森林保全課では、森林土木事業における県産間伐材等の積極的な活用を目的として「森林土木事業木材利用施工地コンクール」を開催し、優良事例を表彰するとともに更なる木材利用を推進することとしております。

木材使用量実績

事業区分 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
治山事業

1,146 m3

536 m3 731 m3 798 m3 748 m3
林道事業 801 m3 1,319 m3 751 m3 869 m3 275 m3
合計 1,947 m3 1,855 m3 1,482 m3 1,667 m3 1,023 m3

 

 

木材利用事例(その1) 林道事業

植生基材吹付工

木材利用事例(その2) 林道事業

丸太伏工

木材利用事例(その3) 治山事業

木製流路工

木材利用事例(その4) 治山事業

木製残存型枠

木材利用事例(その5) 治山事業

丸太積土留工、柵工、筋工

木材利用事例(その6) 治山事業

落石防止工

木材利用事例(その7) 治山事業

防風工

木材利用事例(その8) 治山事業

柵工、筋工、木材チップ化(マルチング材)

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 森林保全課 保全・治山林道担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5800 ファクス番号:019-629-5789
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.