エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  岩手県プロフィール  ›  岩手県の産業


ここから本文です。

岩手県の産業

ID番号 N1639 更新日 平成26年2月25日

岩手県の産業を紹介します。

農業

農業のイメージ写真

平成24年の農業産出額は2,476億円で、東北第2位、全国第11位となっています。広大な農地や変化に富んだ気象条件など農業資源に恵まれ、各地域で立地特性を生かした多彩な農業が展開されており、我が国の食料供給基地としての役割を担っています。
特に近年は、米、畜産に加え、全国一のりんどうや夏秋ほうれん草などの園芸産地が形成されており、米、園芸、畜産を柱とした収益性の高い農業への再編が図られています。

林業

林業のイメージ写真

平成23年の林業産出額は、約168億円であり、全国におけるシェアは4%、全国第6位となっています。
森林面積は平成23年度で県土の77%を占め、その67%を占めている民有林では、41年生以上の森林が約6割を占め、資源が充実しています。
また、林業経営体の育成や、林内路網の整備を進めるとともに、品質、性能の確かな木材製品の生産促進や木質バイオマスエネルギーの利用促進など、木材産業の育成強化に努めています。

水産業

水産業のイメージ写真

平成24年の漁業生産額は約289億円で、東北第3位、全国第16位となっています。リアス式海岸の静穏海域や水産物の生育に適した岩礁に恵まれ、あわびが全国第1位、さけが北海道に次いで第2位になるなど「つくり育てる漁業」の先進県となっています。
こうした漁業を支えるため、沿岸漁場、漁港、漁村の生産・生活基盤の整備や流通加工体制の整備、さけ、あわびなどの種苗放流を進めています。

建設業

建設業のイメージ写真

県民の暮らしや産業活動の基盤となる社会資本の整備・維持管理の直接の担い手である建設業は、災害時における緊急対応など、県民の安全・安心の確保にも大きな役割を果たしています。また、県内の全就業者数の約10%が従事しているなど、地域の雇用や経済を支えています。
近年、建設投資の減少など建設業を取り巻く環境は厳しさを増していることから、リサイクル緑化やコンクリート亀裂補修技術などの新技術・新工法の開発、農業や林業、環境リサイクル事業、高齢者介護事業といった新たな分野への事業展開など、建設業が有する経営資源を生かした取り組みが広がっています。

工業

岩手県の工業出荷額は先端技術産業や自動車関連産業をはじめとする企業立地の進展や地場産業の振興などにより、平成24年には2兆2,295億円となっており、中でも輸送用機械器具30.8%、食料品製造業13.7%の工業出荷額の割合が高くなっています。
県では、自動車、半導体関連などの完成品メーカーと、それを支える基盤技術を有する中小企業群が集積した、国内有数のものづくり産業集積の実現を目指しています。
また、農林水産業から食品製造等、外食、小売業等を総合的な「食産業」としてとらえ、今後の成長が期待される企業等に重点的に密着しながら、付加価値の高い総合産業として成長していくことを目指しています。

観光

観光のイメージ写真

本県への観光客の入込数は、延べ2,742万人回余(平成24年度)となっています。
北海道に次ぐ広大な面積を有する本県は、豊かな自然や奥深い歴史・文化、地域色あふれる祭りや伝統芸能、食など、多種多様な観光資源に恵まれており、地域の特色を活かした旅の提案を積極的に展開し、観光客の誘致拡大を図っています。
平成23年に世界文化遺産に登録された平泉地域や「あまちゃん」ロケ地である久慈地域を情報発信の柱とし、内陸地域と沿岸地域を巡る周遊型の観光を推進しています。
また、ホームページによる効果的な情報発信や外国語併記の観光案内板による案内誘導、さらには青森県・秋田県を含めた北東北3県や東北地方全体による広域的な観光推進にも取り組んでいます。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 広聴広報課 広聴広報担当(広報)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5283 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.