エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  黄金の國いわて  ›  平成24年度「あたらしいニッポンを、いわてから。」ポスターについて


ここから本文です。

平成24年度「あたらしいニッポンを、いわてから。」ポスターについて

ID番号 N1727 更新日 平成29年6月22日

復興支援により生まれた岩手と国内外の「つながり」を表現し、「復興支援に対する感謝」、「岩手県の復興への想い」を伝えるとともに、震災を風化させないためのポスターを作成しました。

全国のみなさん、ご支援ありがとうございます。

このポスターは、全国の復興応援フェア等で掲出していきます。

駐日米国大使 ジョン・V・ルースさん 米国

ルース大使と若者たちのポスター
「岩手と、ずっと トモダチです」

震災直後、米軍と自衛隊が展開した救援活動「トモダチ作戦」。
日米の官民が、被災した学生の米国留学等を進める「トモダチ構想」。
いずれもルース大使が主導し実現したものです。
「若者の人生を豊かにしたい」、そんなルース大使の想いが伝わってきます。
ご支援に深く感謝します。

シンガーソングライター 八神純子さん 米国

いわて銀河プラザ前に立つ八神純子さんのポスター
「岩手の人の心に 花を咲かせましょう」

国内外で数十回のチャリティライブによる寄付を届けていただいたり、数えきれないほど岩手を訪れ、炊き出しライブ・仮設住宅でのお茶会などで岩手の人々の心に寄り添っていただいている八神純子さん。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう!

酪農学園大学 酪ネット(震災支援ネットワーク) 北海道

酪ネットの皆さんのポスター
「岩手と一緒に 未来をつくろう!」

学生と教職員が1週間交代で組織的な支援を続けてきた酪農学園大学の皆さん。
がれきの撤去から、炊き出し、支援物資の仕分け、子供たちへの教育支援まで、本当にありがとう。
「このつながりを後輩に引き継いで、長く支援を続けたい」という皆さんは、ともにあたらしいニッポンをつくるパートナーです。

GINZA Kansei オーナーシェフ 坂田幹靖さん(希望郷いわて文化大使) 東京都

坂田シェフのポスター
「岩手の食材 いちおしです!」

震災以前から岩手の食材を使った美味しいメニューを提供いただいていた坂田シェフ。
震災後は、毎月のように炊き出しを行い、食を通して継続的に岩手を応援いただきありがとうございます。
シェフの期待に応えられるよう、これからも「食財王国いわて」から、安全で新鮮な農林水産物をお届けします。

出版社(地球の歩き方)スタッフ 東京都

地球の歩き方スタッフの皆さんのポスター
「岩手を歩くたび 元気になれる!」

ボランティアに行きたいけれど、どうすれば良いか分からないという人のため、いち早く被災地へのバスツアーを企画した「地球の歩き方」の皆さん。
たくさんの方がボランティアに来てくださるようになりました。

NPO愛知ネット スタッフ 愛知県

愛知ネットスタッフ2名のポスター
「岩手と愛知は でら仲良いがや!」

災害救援のために、震災後すぐに岩手県に入られたNPO愛知ネットの皆さん。
救援活動はもとより、岩手県内のNPOと連携して市民活動センターを設立したり、心のケアを行ったりと、幅広い支援を続けていただきありがとうございます。
この絆を活かして、ともにすばらしいニッポンをつくっていきましょう。

関西広域連合(大阪府・和歌山県職員) 元岩手駐在スタッフ 大阪府・和歌山県

関西広域連合の皆さんのポスター
「岩手と関西のご縁 長く続きまっせ!!」

震災後、関西広域連合として、岩手県への継続的支援活動を実行されている、大阪府・和歌山県の職員の皆さん。
その勇気に、行動に、私たちはたくさんのエネルギーをいただきました。ありがとうございます。
岩手県の温泉で、食で、人々のやさしさで、疲れを癒してくださいね。

2011ミスさんさ踊り 岩手県

ミスさんさの3名の皆さんのポスター
「岩手はあなたを お待ちしております」

震災以降、全国や世界中からの支援に「心から感動しました!」という、ミスさんさの三人。
まだまだ復興への道のりは続きますが、今度は訪れた方々に、岩手県の魅力もたっぷり味わって欲しいとか。
おススメは、岩手県内の温泉や、遠野市や盛岡市に残る風情ある街並み、そして美味しい食!
ぜひお試しあれ。

鹿島アントラーズ 小笠原満男 選手 岩手県

グラウンドに立つ小笠原選手のポスター
「岩手は負けない 復興というゴールへ」

東日本大震災でスポーツや様々な行事をする場所を失った子供たちや市民のために、岩手県大船渡市内にグラウンドを建設・運営する「東北人魂・岩手グラウンドプロジェクト」が発足。
小笠原選手が愛するふるさとを取り戻すため、岩手はチーム一丸となって復興というゴールを目指します!

岩手県立大学 復興girls* 岩手県

復興ガールズの皆さんのポスター
「岩手の魅力を もっと広めたい!」

岩手の人が好き、自然が好き、食が好き!
だから自分たちができる支援を精一杯やっていこう!
そんな思いで結成した岩手県立大学「復興girls*」。
被災地の新商品を開発したり、全国に出向いて、沿岸部の生産者や企業が丹精込めて作り上げた商品のPRをしています。
あなたの街で見かけたら応援よろしくお願いします。

関連リンク

あたらしいニッポンを、いわてから。

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 広聴広報課 広聴広報担当(広報)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5283 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.