エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  農業  ›  生産  ›  野菜・果樹・花き  ›  いわての花


ここから本文です。

いわての花

ID番号 N3874 更新日 平成26年12月26日

農産園芸課

 岩手県では、りんどうと小ぎくを中心として、ゆり、トルコギキョウ、スプレイぎく、花壇用苗物など、いろいろな種類の花が生産されています。

いわての花

りんどう

 岩手県のりんどう生産は、昭和33年に野生株を収集して水田で栽培し、出荷したのが始まりです。
 県では、昭和39年からオリジナル品種の開発を始め、これまでに鉢物用の品種を含めて、計21品種を育成しました。県育成品種の他、各地域オリジナルの品種も育成されており、面積は昭和61年以降、出荷量は平成元年以降、全国第1位になっています。
 切り花のハウス栽培は5月から、露地栽培は6月から、出荷が始まり、11月まで全国各地に届けられています。
 

小ぎく

 岩手県の小ぎくは、県南部で多く栽培されており、平成10年以降面積が拡大し、平成25年の作付面積は、全国第3位となっています。
 県内各地域で露地を中心に栽培されており、6月から11月まで全国各地に出荷されています。
 

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農産園芸課 園芸特産担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5707 ファクス番号:019-651-7172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.