エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  農業  ›  生産  ›  農作業安全  ›  岩手県における農作業死亡事故の発生傾向について


ここから本文です。

岩手県における農作業死亡事故の発生傾向について

ID番号 N52582 更新日 平成29年2月9日

農作業死亡事故は毎年発生しており、県内では、10年間で130名もの尊い人命が失われています。

農作業死亡事故は、ほ場のみならず道路、作業小屋等さまざまな場所で発生していますが、普段の作業を行っている地域内での発生が多いので、日頃からの意識啓発が重要です。

農業者の方がご注意いただくのはもちろんですが、日頃からご家族、地域の皆様が一声かけて、農作業事故をなくしましょう。

岩手県における農作業死亡事故の傾向(平成19年から平成28年)

県内では次の傾向がみられます。

発生件数

10年間の平均で、年に12.8件の死亡事故が発生しています。

発生原因

農業機械が関係する事故は73.3%を占めています。

そのうち、乗用型トラクターによる事故が半数を占めています。

死亡事故者の年齢

65歳以上の方が、全体の4分の3ほどを占めています。

特に、直近5ヵ年では、75歳以上の方の占める割合が約6割に増加しています。

「気をつけて! 互いに声かけ 農作業安全」

(平成28年度 岩手県農作業安全運動スローガン)

 

ご家族、地域の皆さまにも事故防止のための「一声がけ」をお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農産園芸課 水田農業担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5708 ファクス番号:019-651-7172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.