エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  農業  ›  生産  ›  米・麦・大豆  ›  強い農業づくり交付金


ここから本文です。

強い農業づくり交付金

ID番号 N3877 更新日 平成28年8月18日

「強い農業づくり交付金」とは

国産農産物の安定供給のため、生産から流通までの強い農業づくりに必要な共同利用施設の整備等を支援するものです。

事業実施までの流れ

事業実施主体は

  • 「強い農業づくり」にむけて、地域がいま抱えている問題を明確にします。
  • 地域の問題解決に向けた方向性と目標を定めます。
    「産地競争力の強化」(生産対策)
    「食品流通の合理化」(流通対策)
  • 目標達成のために、どのような事業を実施するか決定します(事業メニューから選択)。
  • 市町村(広域振興局等の管轄地域を越えて事業を実施する場合は県)に事業申請を行います。
    事業計画書等の作成・提出が必要になります。

市町村は

  • 市町村は事業実施主体から提出された事業内容の審査を行います。
  • 審査を通過した事業について、県に事業申請を行います。

県は

  • 県は市町村の審査を通過し、県に提出された事業内容を審査します。
  • 県の審査を通過した事業を、国へ要望として提出します。

国は

  • 県から提出された事業要望をもとに、国は交付金を算定し、県に交付します。

交付金の配分は

  • 県は国から配分された交付金を、市町村に配分します。
    配分に際しては県の裁量が認められています。
    (県で定めた配分基準により、配分額を算定します。)。
  • 市町村は県から配分された交付金を各事業実施主体に配分します。
    配分に際しては市町村の裁量が認められています。

強い農業づくり交付金交付対象事業の公表について

強い農業づくり交付金実施要綱第11の11

強い農業づくり交付金の事業評価結果の公表について

強い農業づくり交付金実施要綱第8の7

東日本大震災農業生産対策交付金交付対象事業の公表について

東日本大震災農業生産対策交付金実施要領別記第1の10

東日本農業生産対策交付金の事業評価結果の公表について

東日本大震災農業生産対策交付金実施要綱第7の4
 

お問い合わせ

  • 農林水産部農産園芸課
    (〒020-0001盛岡市内丸10-1、電話:019-629-5708)
  • 盛岡広域振興局農政部
    (〒020-0003盛岡市内丸11-1、電話:019-629-6597)
  • 県南広域振興局農政部
    (〒023-0053水沢市大手町1-2、電話:0197-23-2841)
  • 県南広域振興局花巻農林振興センター
    (〒025-0075花巻市花城1-14、電話:0198-22-4931)
  • 県南広域振興局遠野農林振興センター
    (〒028-0525遠野市六日町1-22、電話:0198-62-9932)
  • 県南広域振興局一関農林振興センター
    (〒021-8503一関市竹山町7-5、電話:0191-26-1413)
  • 沿岸広域振興局農林部
    (〒026-0043釜石市新町6-50、電話:0193-25-2704)
  • 沿岸広域振興局宮古農林振興センター
    (〒027-0072宮古市五月町1-20、電話:0193-64-2214)
  • 沿岸広域振興局大船渡農林振興センター
    (〒022-8502大船渡市猪川町字前田6-1、電話:0192-27-9914)
  • 県北広域振興局農政部
    (〒028-8042久慈市八日町1-1、電話:0194-53-4983)
  • 県北広域振興局二戸農林振興センター
    (〒028-6103二戸市石切所字荷渡6-3、電話:0195-23-9203)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農産園芸課 水田農業担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5708 ファクス番号:019-651-7172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.