エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  農業  ›  経営体強化  ›  地域農業マスタープランについて


ここから本文です。

地域農業マスタープランについて

ID番号 N60454 更新日 平成29年11月30日

「地域農業マスタープラン」とは

 それぞれの集落・地域において徹底的な話し合いを行い、集落・地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」となるものです。

 地域の高齢化や農業の担い手不足が懸念される中、5年後、10年後までに、誰がどのように農地を使って農業を進めていくのか、地域の話し合いに基づき、とりまとめるプランで、地域農業の担い手を「中心となる経営体」と呼び、農地の集積計画や利用図を作成し、地域における将来的な農地利用の「設計図」を描いていくものです。

 県内では、全33市町村で443地区のプランが作成されています(平成29年9月末現在)。

「地域農業マスタープラン」の取組事例

 県内において、「地域農業マスタープラン」の実現に向け、実践している事例を紹介します。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農業振興課 担い手対策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5643 ファクス番号:019-629-5649
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.