エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  農業  ›  農政に関する出先機関  ›  岩手県農業研究センター  ›  注目の味が良い大粒のぶどう品種「シャインマスカット」は省力栽培できます


ここから本文です。

注目の味が良い大粒のぶどう品種「シャインマスカット」は省力栽培できます

ID番号 N14941 更新日 平成26年1月17日

注目の味が良い大粒のぶどう品種「シャインマスカット」は省力栽培できます。

岩手県農業研究センターでは生産拡大が期待される良食味で大粒のぶどう品種「シャインマスカット」を短梢せん定により省力栽培できることを明らかにしました。

ぶどうの栽培方法のうち、短梢せん定は長梢せん定に比べ管理が容易であるという利点がありますが、品種によっては果実品質が劣ることがあります。

これまでの試験の結果、「シャインマスカット」は短梢せん定でも良質な果実が得られることなど、以下の点がわかりました。

  1. 短梢せん定においても発芽率、花穂着生率は高く、短梢せん定に適します。
  2. 長梢せん定と同様の高品質な果実が生産できます。
  3. 長梢せん定に比較して高い収量が期待できます。

「シャインマスカット」はこれからが収穫盛期となることから、取材のうえ、広く周知くださるようお願いします。

シャインマスカットとは

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所 ブドウ・カキ研究拠点が育成した品種。2004年に品種登録された。白色大粒種で糖度が高く食味が良い。ジベレリン処理をすることにより種無しとなり、皮ごと食べられる。1房1,000円以上と高単価で取引されており、全国で栽培面積が増加している。

短梢せん定とは

結果母枝(前年の新梢)を1~2芽でせん定する方法。せん定や結果量調節、管理作業が容易である。大粒種では、樹勢が強くなり花振るい(結実不良)を起こすため、結実が悪くなることが多い。

長梢せん定とは

長い結果母枝(前年の新梢)を適当な間隔を置きながら配置する方法。枝の配置に熟練を要する。

技術(成果)の公開

  1. 日時:随時
  2. 場所:岩手県農業研究センター 技術部 果樹研究室

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県農業研究センター 企画管理部 研究企画室
〒024-0003 岩手県北上市成田20-1
電話番号:0197-68-2331 ファクス番号:0197-68-2361
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.