エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  農業  ›  岩手県農業農村指導士  ›  岩手県農業農村指導士


ここから本文です。

岩手県農業農村指導士

ID番号 N50716 更新日 平成29年4月1日

岩手県農業農村指導士とは

岩手県農業農村指導士の認定制度について

 地域農業発展と農村地域活性化に意欲的に取り組んでいる優れた農業者を、岩手県農業農村指導士として知事が認定するものです。

岩手県農業農村指導士は、岩手県の農業及び農村の一層の発展に大きな役割を果たしています。

 

認定区分について

 年齢等の認定要件によって「農業農村指導士」と「青年農業士」に区分されています。

【農業農村指導士】

(1)地域のリーダーとして指導活動ができる識見と能力を有し、地域住民の厚い信望を得ていること。

(2)農業技術・経営と農家生活の向上に積極的に取り組んでいること。

(3)生産や生活等の地域活動を通じて農村地域の活性化に積極的に取り組んでいること。

(4)原則として農業経営改善計画の認定を受けている農業経営体の構成員となっていること。

(5)原則として家族経営協定を締結していること。

(6)若い農業者の育成に理解があり、指導活動に積極的に取り組むことが確実と見込まれること。

(7)その年度の4月1日における年齢が、39歳以上で65歳までに概ね10年認定要件に掲げた活動ができる者であること。

【青年農業士】 

(1)意欲的に農業に取り組んでいること。

(2)将来とも農業経営を継続するとともに、地域の農業・農村の発展に寄与すると見込まれること。

(3)青年農業者等の集団活動に積極的に参画していること。

(4)原則として農業経営改善計画の認定を受けている農業経営体の構成員となっていること。

(5)原則として家族経営協定を締結していること。

(6)39歳までに概ね5年認定要件に掲げた活動ができる者であること。

 

主な活動について

・ 農業高校や農業大学校の実習生、就農希望者や新規就農者の農業生産技術や農業経営の研修の受入れ

・ 既に就農している農業者に対しての農業生産技術や農業経営等の助言

・ 小中学校や消費者等の農業や農家生活の体験等を受入れ、農業・農村に関する情報発信や交流の実施

・ 市町村等の農政審議会、各種委員会等の役員や農業者組織等のリーダーとして活躍

 

認定状況について(平成29年度当初)

 農業農村指導士 171人、青年農業士 55人、計226人

 

岩手県農業農村指導士の一覧

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農業普及技術課 普及担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5656 ファクス番号:019-629-5664
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.