エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  盛岡広域振興局  ›  簗川ダム建設事務所  ›  Q&A  ›  建設費用に対して便益はどの程度ありますか?


ここから本文です。

建設費用に対して便益はどの程度ありますか?

ID番号 N8448 更新日 平成26年2月20日

建設費用に対して便益はどの程度ありますか?

簗川ダムの費用対効果(B/C)の算定は、平成17年4月に国土交通省から示されている治水経済調査マニュアル(案)により算定しました。(平成22年度再評価時点)

その結果、B/Cについては、1.3(治水のみ)となりました。
便益の算定にあたっては、ダム完成後に治水効果が発現することとなり完成から50年間を評価対象期間とし、「便益の年平均被害軽減額」と「ダム本体などの治水施設用地の残存価値」を現在価値化しています。

また、コストの算定は、事業完了予定年である平成32年までの建設費用と50年間に要する維持管理費を現在価値化し算定しています。

参考

  1. ダムは、その耐用年数が80年としていますが、B/Cの評価としては50年間としています。
  2. 法定耐用年数:ダム80年、治水施設50年(財務省令第20号)
  3. 割引き計算にあたり、50年以降の費用と便益は現在価値化をすると小さな値となり大きな影響をもちません。
  4. 割引き率は4%を用いています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

盛岡広域振興局土木部 簗川ダム建設事務所 ダム建設チーム
〒020-0817 岩手県盛岡市東中野字沢田94-1
電話番号:019-652-8821 ファクス番号:019-652-8822
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.