エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  盛岡広域振興局  ›  簗川ダム建設事務所  ›  Q&A  ›  1950年代以降の50年間の北上川流域の洪水発生件数が減少している原因としてどのようなことが考えられますか?


ここから本文です。

1950年代以降の50年間の北上川流域の洪水発生件数が減少している原因としてどのようなことが考えられますか?

ID番号 N8436 更新日 平成26年2月20日

1950年代以降の50年間の北上川流域の洪水発生件数が減少している原因としてどのようなことが考えられますか?

カスリン(昭和22年)、アイオン(昭和23年)の両台風の水害による水害を契機に、昭和25年頃から本格的な河川改修が始まったことや、5大ダム(石淵ダム、田瀬ダム、湯田ダム、四十四田ダム、御所ダム)の完成により洪水発生件数が減少したものと考えています。

このページに関するお問い合わせ

盛岡広域振興局土木部 簗川ダム建設事務所 ダム建設チーム
〒020-0817 岩手県盛岡市東中野字沢田94-1
電話番号:019-652-8821 ファクス番号:019-652-8822
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.