エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  盛岡広域振興局  ›  簗川ダム建設事務所  ›  簗川ダムについて  ›  ダム建設の背景 治水対策


ここから本文です。

ダム建設の背景 治水対策

ID番号 N8423 更新日 平成28年3月8日

一級河川簗川は、盛岡市の市街地東部を貫流する河川ですが、昭和57年以前の河川は幅が狭く蛇行を繰り返していたため、沿川は洪水による被害を受けていました。

特に昭和22年のカスリン台風や昭和23年のアイオン台風による被害は甚大なものがありました。近年においては平成2年の台風19号や平成14年の台風6号により河岸の欠壊や冠水被害を受けています。

一方、簗川の沿川は都市化が進んだことによって、洪水氾濫危険区域内に人口や資産が集積してきているため、その治水対策は重要な課題となっていました。

このため、簗川の下流部については、昭和57年度から河川改修を行うとともに、上流部にダムを建設することによって洪水調節を行い、洪水被害から住民の生命・財産を守ることとしたものです。その計画規模は洪水氾濫危険区域内の資産や人口、流域面積の広さ等、北上川本川をはじめとする周辺河川の計画規模を総合的に勘案し、100年に1度生起すると想定される降雨量に対応できるものとしています。

なお、ダム建設と河川改修を組み合わせる手法の他に、(1)河川改修単独案、(2)放水路トンネル+河川改修案、(3)宅地嵩上げ+河川改修案等のさまざまな案を土地利用面・経費面・技術面について比較した結果、現在進めている手法が最良であると判断しています。

   簗川流域の人口や資産の経年変化写真(赤枠は洪水氾濫危険区域)

簗川の洪水氾濫危険区域図(下流部)の航空写真

このページに関するお問い合わせ

盛岡広域振興局土木部 簗川ダム建設事務所 ダム建設チーム
〒020-0817 岩手県盛岡市東中野字沢田94-1
電話番号:019-652-8821 ファクス番号:019-652-8822
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.