エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  盛岡広域振興局  ›  農政部  ›  【開催案内】塩の道シンポジウム


ここから本文です。

【開催案内】塩の道シンポジウム

ID番号 N69813 更新日 平成30年12月7日

 野田村を起点とする「塩の道」は、藩政時代から明治時代の初めにかけ、塩をはじめとした三陸沿岸の海産物や鉄などを南部牛の背中に乗せ、内陸に運び、その帰路に米や酒、生活物資を持ち帰った、当時の人々にとって生命線ともいえる道です。牛方が複数の牛を引く際、先頭にたつ一番強い牛を決める牛突きが、闘牛の起源となったことや、県北地域などに広く見られる豆腐文化など、多くの歴史的な背景を有しているとともに、最近では、スポーツや食のイベントなど塩の道と融合した新たな取組も行われています。
 こうしたことから、塩の道を軸とした地域振興の機運醸成と協働による取組実践に向けてシンポジウムを開催します。

1 日時
平成31129日(火曜日) 14301700

場所
  ホテルメトロポリタン本館 岩手の間(盛岡市盛岡駅前通144
3 内容
1)基調講演
「北アルプス塩の道の古道再生から今につながる歴史・文化」
<講師>
 アルプス塩の道交流会議(新潟県糸魚川市)  事務局長 野本 幸 氏
2)意見交換
「塩の道を軸とした食産業・地域振興の取組に向けて」
<取組紹介>
(1) 野田村との連携協定による地域振興に向けた取組について
   株式会社 ベアレン醸造所(盛岡市) 専務取締役 嶌田 洋一 氏
(2) 塩の道フェアの実施について
   道の駅 石神の丘(岩手町) 料理長 高間木 浩 氏
                      主任 大坊 俊貴 氏
(3) 塩の道と現在に繋がる文化等について
   葛巻町 文化財保護委員 藤岡 一雄 氏
(4) 観光を通じた地域の魅力創造について
   トラベル・リンク株式会社(盛岡市) 代表取締役 北田 公子 氏
4 参加申込
1)申込期限: 118日(金曜日)
2)申込先等:ファクス(参加申込様式はチラシ裏面)又は岩手県電子申請・申出サービスから
 https://s-kantan.jp/pref-iwate-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=713

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

盛岡広域振興局農政部 農政推進課 担い手育成グループ
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6600 ファクス番号:019-629-6609
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.