エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  盛岡広域振興局  ›  土木部  ›  道路、河川情報  ›  一級河川岩崎川河川公園 意見募集結果及び対応方針の公表


ここから本文です。

一級河川岩崎川河川公園 意見募集結果及び対応方針の公表

ID番号 N63231 更新日 平成30年6月11日

 紫波郡矢巾町で実施している一級河川岩崎川の河川改修事業により発生する建設発生土を活用して、岩崎川隣接地に芝生広場を主体とした河川公園を2箇所整備します。
 ついては、河川公園整備計画の策定にあたり、本年1月に河川公園の利活用アイデアを募集した結果、4件の意見応募がありましたので、意見内容及び対応方針について、お知らせします。

意見募集は終了しました。

募集概要

意見募集の趣旨

 一級河川岩崎川の河川改修事業により発生する建設発生土を活用して、岩崎川隣接地に芝生広場を主体とした河川公園を2箇所整備します。
 このうち、(仮称)矢次地区河川公園の利活用アイデアを皆様から広く募集します。頂いたご意見は、公園の整備計画を策定する際の参考にさせていただきます。

 なお、(仮称)又兵エ新田地区河川公園については、矢巾町との調整の結果、平成25年の豪雨災害により、現在も使用不能となっているマレットゴルフ場(煙山地区)の代替施設として活用する計画としています。

意見募集の対象

対象:(仮称)矢次地区河川公園
募集内容:(1)芝生広場の活用方法、(2)活用するために整備して欲しい施設※
        ※例:園路、桜並木など。(建築物の設置は困難です。)

資料の入手場所

1 岩手県ホームページ(本ページ)からのダウンロード(添付ファイル)
2 矢巾町ホームページからのダウンロード

意見募集の期間及び提出方法

募集期間

平成30年1月4日(木)~平成30年1月31日(水) 

提出方法

1 郵送、ファクス、電子メールまたは持参により下記の提出先に提出してください。
2 様式(提案書)は、本ページ(資料の入手場所参照)または、矢巾町ホームページからダウンロードしてください。

意見の提出先

郵送の場合

・盛岡広域振興局土木部災害復旧対策課(〒020-0023 盛岡市内丸11-1)
 または
・矢巾町道路都市課(〒028-3692 矢巾町大字南矢幅13-123)

ファクスの場合

・盛岡広域振興局土木部災害復旧対策課(019-652-6924)
 または
・矢巾町道路都市課(019-611-2629)

電子メールの場合

・盛岡広域振興局土木部災害復旧対策課(BA0006@pref.iwate.jp)
 または
・矢巾町道路都市課(douro@town.yahaba.iwate.jp)

意見の取り扱い

 ・頂いた提案は公園の整備計画を策定する際の参考とするものです。経済性や維持管理コスト等について総合的に検討しながら計画策定するため、採用に至らない可能性がございますので、ご了承願います。

・頂いた意見の内容及び検討結果については、岩手県ホームページ(盛岡広域振興局土木部)でお知らせします。

 

 

 

 

 

 

募集結果

実施方法

周知方法

  • 県ホームページへの資料等掲載
  • その他(矢巾町広報誌)

意見受付方法

  • 郵便(持参を含む。)
  • ファクス
  • 電子メール

意見件数及び対応状況

意見件数(類似の意見については、まとめています。)
受付方法意見提出人数(人)意見件数(件)
44
郵便(持参を含む。)00
ファクス00
電子メール44
意見検討結果一覧表
番号 意見 類似意見件数(件) 検討結果(県の考え方) 決定への反映状況
1

「ドックラン」

・矢巾町にはドックラン施設がない。
・ドックランを行うには盛岡市や北上市などに行く必要がある。

○整備して欲しい施設
・外周柵(140cm以上で大型犬と小型犬用に仕切る必要あり)
・水道
・日陰(木陰、東屋など)
・ベンチ、チェア等の設置
・看板等の設置
 

・芝生広場の有効活用に繋がる施設であるが、管理面に課題が残ることから、管理も含めた施設計画について詳細に検討していきます。

2

「そり滑り用の丘」

・矢巾町の市街地は平坦で、そり滑りできるような斜面がない。
・町内の児童公園はそり滑りできるのは新田ふれあい公園のみ。
・やはば幼稚園でも、そり滑りをする際は新田ふれあい公園を利用しているが、少し小さい様である。
・丘には芝を張ってほしい。
・初期の雪捨場として運用し、集めた雪で丘を作るという方法も。
・丘の斜面は、冬の西風を考慮して東向き斜面が望ましい。
 

・芝生広場の有効活用に繋がる施設であることから、「丘」の計画を詳細に検討していきます。
・丘は全面「芝」とする予定です。

3

「遊歩道」

・芝生の中に低木が植樹された遊歩道(緑道または自然道)
・ベビーカーでの散歩、ペットの散歩、ジョギングなどできる空間。

「東屋(パーゴラ)、ベンチの整備」

・日差しや雨風を凌ぎ、オールシーズン楽しめる環境づくり。
・屋根付きの休憩所(東屋とベンチ一体型、パーゴラとベンチの組み合わせなど。

「丘」
・山登りごっこやそり遊びの場として整備して欲しい。

・芝生広場の有効活用に繋がる施設であることから、「遊歩道」、「休憩施設」、「丘」の計画を詳細に検討していきます。
・丘は2と同様です。

4

「河川公園の名称」の提案

・上流側⇒「岩崎川西河川公園」
・下流側⇒「岩崎川東河川公園」

・公園名称については、名称決定方法も含め、今後検討していきます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

盛岡広域振興局土木部 河川砂防課 都市河川チーム
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6648 ファクス番号:019-652-6924
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.