エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  ものづくり産業  ›  海洋研究拠点の形成促進  ›  北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所  ›  北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所について


ここから本文です。

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所について

ID番号 N7906 更新日 平成27年5月1日

世界屈指の海洋微生物コレクションを生かしたバイオ基礎応用研究

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所は、旧株式会社海洋バイオテクノロジー釜石研究所の研究成果を継承して、海洋微生物利用の創薬プロジェクト研究を進めるため、平成20年に設立されました。
同研究所の目標は、創薬プロジェクト研究を進めるために必要な有用微生物資源の探索研究、微生物株の分類同定、微生物遺伝子情報のデータベース構築、微生物培養保存技術の開発、微生物培養・分類研究者の育成です。
また、研究所が有する微生物に関するノウハウや技術を利用して、食料、環境、エネルギーなどの分野での基礎応用も始めています。

研究内容

  1. 海洋微生物ライブラリーを利用した創薬研究
  2. 三陸海洋乳酸菌バンク構築と有効利用法の開発
  3. 大型緑藻形成促進物質サルシンを介した緑藻と細菌の共生関係の解明
  4. 難培養微生物の基礎応用研究

充実した微生物解析技術と設備機器を利用したバイオ研究拠点

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所では、保有する微生物利用技術と各種設備機器を生かした共同研究のパートナーを募集しています。(短期利用、機器のみ利用も可能です。)
また、周辺には、東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センター、北里大学海洋生命科学部、水産総合研究センター宮古栽培漁業センター、岩手県水産技術センターという海洋研究機関が立地しており、これらの機関とのネットワークを生かした共同研究も可能です。

岩手県では、釜石市と連携して同研究所による研究開発を支援しています。
(釜石市ホームページの「創薬プロジェクト」は添付のリンクをご覧ください。)

お問い合わせ

研究開発、新製品開発のシーズに関すること

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所(志津里部長)
〒026-0001 岩手県釜石市大字平田3-75-1
電話:0193-26-6622
ファクス:0193-26-6592
電子メール:yshizuri@kitasato-u.ac.jp

研究会、施策に関すること

岩手県商工労働観光部科学・ものづくり振興課(大越、阿部)
電話:019-629-5251
ファクス:019-629-5549
電子メール:AB0005@pref.iwate.jp

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 科学ILC推進室 科学技術担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5251 ファクス番号:019-629-5339
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.