エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  ものづくり産業  ›  海洋研究拠点の形成促進  ›  北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所  ›  北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所が「フード・アクション・ニッポン アワード2011」で受賞しました!


ここから本文です。

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所が「フード・アクション・ニッポン アワード2011」で受賞しました!

ID番号 N7904 更新日 平成26年1月17日

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所は、「いわて花咲酵母を利用した地域ブランド商品開発による被災地産業の活性化」に取り組み、今般、フード・アクション・ニッポン アワード2011の「コミュニケーション・啓発部門」の選考において「食べて応援しよう!賞」を受賞いたしました。
今回受賞した同研究所の取組みは、岩手県内の著名な花や木から酵母を提供いただき震災復興支援に結びつく商品開発を推進するもので、今後の更なる展開が期待されます。
表彰式は、平成23年12月14日(水曜日)ベルサール飯田橋ファースト(東京都)において開催されます。

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所について

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所は、1988年(昭和63年)、岩手県釜石市平田に開業した、株式会社海洋バイオテクノロジー釜石研究所を前身として2008年(平成20年)4月に設立されました。
同研究所は、海から近接した場所に立地していたため、平成23年3月11日の東日本大震災津波により甚大な被害をうけたものの、被災後も被災地を離れることなく、酵母、乳酸菌、海洋微生物等の微生物を活用した「ものづくり」「物質生産」「環境浄化」等の技術を活用し被災地企業を支援しています。

フード・アクション・ニッポン アワード2011について

概要

食料自給率向上に向けた国民運動「フード・アクション・ニッポン」の展開の一環として創設され、食料自給率向上に寄与する事業者・団体等の取組みを一般から広く募集し、優れた取組みを表彰することにより、食料自給率向上に向けた活動を広く社会に浸透させ、私たちや未来の子供たちが安心しておいしく食べて行ける社会の実現を目指すものです。
今年で開催3回目。全国から1,000余件の応募。

主催

フード・アクション・ニッポン アワード2011 実行委員会

共催及び後援

共催農林水産省 後援内閣府、文部科学省、厚生労働省、観光庁、環境省

表彰式

平成23年12月14日(水曜日)
13時から14時30分

表彰部門

食料自給率向上に寄与する事業者・団体等の活動を対象とした4部門

  1. プロダクト部門
  2. 製造・流通・システム部門
  3. コミュニケーション・啓発部門
  4. 研究開発・新技術部門

(注)「食べて応援しよう!」賞は、東日本大震災の復興に向けた活動や被災地に対する支援活動に授与

「いわて花咲酵母」事業について

事業の概要

岩手県の支援のもと、北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所が、岩手県内の名花名木から酵母を採集し、産学官の連携により当該酵母を用いた商品開発を行い被災地産業の活性化に結びつけようとする事業です。

今後の展開

「いわて花咲酵母」事業で採集した酵母のうち、盛岡の石割桜から採集に成功した酵母はパンやビールづくりに適していることが分かり、先般、岩手県立盛岡農業高校、世嬉の一酒造(一関市)及び岩手県工業技術センターの協力のもとパン・ビールの試作品の製造に成功しました。
また、平成23年12月には、当該酵母を用いた商品開発を目的に、試験的に大量培養を開始し、利用に関心のある製パン業者を中心に試作用酵母の無料配布を行いました。
試作用酵母の配布は継続して行い、製パン業者以外の食品業者にも範囲を拡大して新たな商品開発に結び付けていきたいと考えています。
今後は、石割桜から採集に成功した酵母の商品開発をモデルケースとして、「いわて花咲酵母」事業で採集した他の酵母の利用可能性を追求し商品化につなげるなど、今後の展開が期待されます。

連絡先

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所
猪又 幸江
電話:0193-26-6622
ファクス:0193-26-6592
電子メール:yukie.i@kitasato-u.ac.jp

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 科学ILC推進室 科学技術担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5251 ファクス番号:019-629-5339
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.