エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  ものづくり産業  ›  海洋研究拠点の形成促進  ›  海洋バイオテクノロジー  ›  ギャバ(GABA)強化三陸イサダ乳酸発酵粉末の試供品提供開始


ここから本文です。

ギャバ(GABA)強化三陸イサダ乳酸発酵粉末の試供品提供開始

ID番号 N7894 更新日 平成25年12月26日

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所は、協同組合マリンテック釜石の協力を得て、ギャバ強化イサダ乳酸発酵粉末の開発に成功し、食品製造メーカー等に向けて、試供品の提供を開始することになりました。
この粉末を様々な食品に添加することにより新しい機能性食品が開発されることが期待されます。

ギャバ(GABA)強化三陸イサダ乳酸発酵粉末の特徴

この粉末は、三陸沖で漁獲されるイサダ(ツノナシオキアミ)を乳酸発酵させたうえで乾燥粉末にすることにより、血圧の高い方に効果があると言われているアミノ酸「ギャバ(GABA)」を含有した食品素材として利用できるようにしたもので、以下の特徴があります。

  1. 三陸産イサダ、県内産米麹、三陸産イカの塩辛から発見した乳酸菌を原料とする安心安全な食品素材
  2. 血圧が高めの方に有効な機能性成分であるギャバを乾燥粉末1g当たり2ミリグラム以上含有(日本食品分析センター)
  3. 甲殻類アレルギーの原因タンパク質トロポミオシンは、2種類の分析でともに検出限界以下(日本食品分析センター)
  4. 水に溶けやすく使いやすい微粉末素材

想定される用途

菓子類、麺類、魚類加工品など様々な食品に添加することにより、イサダの栄養分とギャバの効能を生かした新しい機能性食品を開発することが期待されます。

試供品の提供

本粉末を利用した新商品開発を御検討いただくため、希望する食品メーカーなどの方々に粉末の試供品を無償提供します。

お問い合わせ先

研究内容については

〒026-0001 岩手県釜石市平田3-75-1
北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所 志津里芳一
電話:0193-26-6622

試供品提供について

〒026-0001 岩手県釜石市平田3-75-5
協同組合マリンテック釜石 和田拓
電話:0193-36-1200
ファクス:0193-36-1205
E-mail:wada@mtc-marine.co.jp

本粉末に係る研究開発は、釜石市・「釜石市創薬プロジェクト研究支援補助金」により整備された研究環境の下、岩手県・平成20年度海洋バイオ応用化研究支援事業「三陸海洋乳酸菌バンク構築と有効利用法の開発」により基礎的な製造技術を開発し、平成21年度同事業「いわて発酵乳酸菌バンクを利用した県産天然素材の高付加価値化」により製品化に向けた評価及びその評価に基づく製造技術等の改良を行い、今回の試供品提供に至ったものです。

詳しい内容をお知りになりたい方は添付のリンクをご覧ください。

メディア報道

このニュースは下記のメディアでも報道されました。

  • 岩手日報(夕刊) 平成21年12月22日(火曜日)
  • 岩手東海新聞 平成22年1月1日(金曜日)
  • 岩手日報(夕刊) 2010年ロング企画 「さんりくの明日」 平成22年2月5日(金曜日)

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 科学ILC推進室 科学技術担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5251 ファクス番号:019-629-5339
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.