エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  ものづくり産業  ›  海洋研究拠点の形成促進  ›  海洋バイオテクノロジー  ›  海洋バイオ応用化研究支援事業関連


ここから本文です。

海洋バイオ応用化研究支援事業関連

ID番号 N7886 更新日 平成25年12月26日

平成22年度

平成22年6月17日掲載

海洋バイオ応用化研究支援事業における平成22年度研究課題の採択について

概要

県単研究委託制度「海洋バイオ応用化研究支援事業」の採択課題第3号です。

平成21年度

平成21年1月4日掲載

ギャバ(GABA)強化三陸イサダ乳酸発狂粉末の試供品提供開始

概要

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所は、協同組合マリンテック釜石の協力を得て、ギャバ強化イサダ乳酸発酵粉末の開発に成功し、食品製造メーカー等に向けて、試供品の提供を開始することになりました。
この粉末を様々な食品に添加することにより新しい機能性食品が開発されることが期待されます。

平成21年11月13日掲載

「GABA強化イサダ乳酸発酵粉末」の試作品の発表について

概要

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所は、11月12日(木曜日)、盛岡市で開催された「いわて産学官連携フォーラム」に初めて出展し、このほど完成した「GABA強化イサダ乳酸発酵粉末」の試作品を発表しました。

平成21年11月12日掲載

機能性食品用「ギャバ強化イサダ乳酸発酵粉末」の試作品の完成について

概要

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所の志津里部長らは、岩手県による平成21年度海洋バイオ応用化支援事業の研究成果として、「ギャバ強化イサダ乳酸発酵粉末」の試作に成功しました。三陸産イサダと発酵食品由来の乳酸菌による新しい機能性食品素材の開発につながる研究成果です。

平成21年6月19日掲載

海洋バイオ応用化研究支援事業における平成21年度研究課題の採択について

概要

県単研究委託制度「海洋バイオ応用化研究支援事業」の採択課題第2号です。

平成21年6月4日掲載

ギャバ(GABA)生産能のある乳酸菌の発見について

概要

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所の志津里部長らは、岩手県による平成20年度海洋バイオ応用化支援事業の研究成果として、県内発酵食品の中からギャバ(GABA)生産能のある乳酸菌を発見し、この乳酸菌を用いた高濃度ギャバ含有イサダ食品素材の製造法を開発しました。
県産食品素材の高付加価値化につながる研究成果です。

平成21年5月19日掲載

研究紹介1 海洋微生物ライブラリーを利用した創薬プロジェクト

概要

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所は、海洋微生物資源を利用した新薬開発を目指します。

平成21年5月19日掲載

研究紹介2 三陸海洋乳酸菌バンク構築と有効利用法の開発

概要

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所は、有用乳酸菌を収集・解析・データベース化し、乳酸発酵による県産食品素材の高付加価値化を目指します。

平成21年5月19日掲載

研究紹介3 大型緑藻形成促進物質サルシンを介した緑藻と細菌の共生関係の解明

概要

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所は、海藻の成長を促進する物質として発見されたサルシン研究を発展させ、藻類の人工飼育に関わる技術開発を目指します。

平成20年度

平成20年6月3日掲載

海洋バイオ応用化研究支援事業における平成20年度新規研究開発課題の採択について

概要

平成20年度に創設した県単研究委託制度「海洋バイオ応用化研究支援事業」の採択課題第1号です。

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 科学ILC推進室 科学技術担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5251 ファクス番号:019-629-5339
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.