エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  ものづくり産業  ›  海洋研究拠点の形成促進  ›  いわて海洋バイオテクノロジー研究会  ›  第2回いわて海洋バイオテクノロジー研究会開催


ここから本文です。

第2回いわて海洋バイオテクノロジー研究会開催

ID番号 N7924 更新日 平成26年1月17日

平成20年11月13日(木曜日)、釜石ベイシティーホテルにおいて、第2回いわて海洋バイオテクノロジー研究会が開催されました。
冒頭、事務局から、前日行われた「記念シンポジウム」の参加者アンケートの概要が紹介され、盛況のうちに終了したことを報告しました。
協議では、まず、北里大学感染制御研究機構から、平成20年4月に始まった創薬プロジェクトの進行状況について、幅広い企業の参画の下でプロジェクトを進行すべく準備中である旨報告がありました。
また、北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所からは、短期、中期、長期の目標を設定して、海洋微生物資源を活用した研究開発を戦略的に進めていく必要性について言及がありました。
さらに、北里大学海洋生命科学部から、北里大学と独立行政法人海洋研究開発機構が教育研究協力に関する協定を締結したことについて報告があり、今後、釜石での海洋バイオ研究との連携について期待が寄せられました。
続いて、岩手県から、来年度の海洋関係事業の計画について説明を行い、意見交換をしました。
これに対し、研究会の有識者メンバーからは、海洋研究機関の集積を活かすため、外部からの相談窓口の設置、外部から引き込む仕掛けづくり、短期・中期・長期の戦略的目標設定の必要性などについて、有益な助言を頂きました。
協議終了後、財団法人岩手生物工学研究センターの寺内良平生命科学研究部長から、同センターで開発した「デジタルに遺伝子発現を解析できる「スーパーセージ法」」について紹介が行われ、海洋バイオ研究との連携の可能性を探りました。
2日間にわたって行われた記念シンポジウム、研究会での議論を通じて、海洋バイオをもとにした新しい産業の創出に向けて、大きな可能性とともに、具体的な課題を見出すことができたと思います。

今後、関係機関と連携して、さらなる取り組みを行って参ります。

お問い合わせ

研究開発、新製品開発のシーズに関すること

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所(志津里部長)
〒026-0001 岩手県釜石市大字平田3-75-1
電話:0193-26-6622
ファクス:0193-26-6592
電子メール:yshizuri@kitasato-u.ac.jp

研究会、施策に関すること

岩手県商工労働観光部科学・ものづくり振興課(大越、阿部)
電話:019-629-5251
ファクス:019-629-5549
電子メール:AB0005@pref.iwate.jp

研究会の写真

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 科学ILC推進室 科学技術担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5251 ファクス番号:019-629-5339
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.