エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  ものづくり産業  ›  海洋研究拠点の形成促進  ›  海洋エネルギー  ›  岩手県海洋エネルギーシンポジウムの開催について 2月12日(火曜日)


ここから本文です。

岩手県海洋エネルギーシンポジウムの開催について 2月12日(火曜日)

ID番号 N70492 更新日 平成31年1月21日

イベントカテゴリ:催し

岩手県海洋エネルギーシンポジウムの開催について

海洋エネルギーの現状と今後の展望を知り、地域での活用と関連産業の創出を考えるシンポジウムのご案内です。あわせて、関連する企業等の研究開発等の状況についても報告します。

【ポイント】
・海洋再生可能エネルギーの第一線で活動されている方による基調講演です。
・講演では、海洋エネルギーの海域利用に係る法律の動向や、発電デバイスの技術等についてお話いただきます。
・上記に関連して漁業等に関する調査について報告を行います。
 

開催日
平成31年 2月12日(火曜日)
開催時間
14時30分~17時00分
場所
釜石ベイシティホテル2階さんがん島(岩手県釜石市大町1-8-1)
定員
75名
費用
不要
出演
〇 14:00 開場

〇 14:30 開会、挨拶
  岩手県

〇 14:35 基調講演
テーマ:「海洋エネルギー発電設備の海域利用に係る新たな法律等による展望(仮題)」
  講師:一般社団法人海洋産業研究会 常務理事 中原 裕幸 氏

テーマ:「海洋エネルギーの実用化に向けた発電コストの削減技術(仮題)」
 講師:合同会社アルバトロス・テクノロジー 代表社員 秋元 博路 氏

テーマ:「空気タービン式波力発電装置の開発(仮題)」
 講師:エム・エムブリッジ株式会社生産・技術部 部長代理 木原 一禎 氏

〇 16:15 取組報告
・ 海洋エネルギーと漁業協調に関する研究開発動向と水中カメラ調査(仮題)
  発表者:東京大学生産技術研究所 助教 吉田 毅郎 氏
・ 実証フィールド海域における魚種及び資源量調査(仮題)
  発表者:岩手大学三陸水産研究センター 准教授 後藤 友明 氏

〇 17:00 閉会挨拶
  岩手県海洋エネルギー産業化研究会
主催
岩手県
共催
岩手県海洋エネルギー産業化研究会
後援
釜石市、公益財団法人釜石・大槌地域産業育成センター(予定)
参加申込方法
以下のいずれかの方法によりお申込みください。

・メールによる申込み
 →所属団体、役職、氏名、連絡先(電話番号及びメールアドレス)、懇親会の参加の有無を記載し、AB0009@pref.iwate.jp あてお申込みください。

・ファクスによる申込み
 →所属団体、役職、氏名、連絡先(電話番号及びメールアドレス)、懇親会の参加の有無を記載し、019-629-5339 あてお申込みください。
参加申込書 (Wordファイル 45.5KB)

関連リンク

会場までのアクセス

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 科学ILC推進室 科学技術担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5251 ファクス番号:019-629-5339
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.