エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  ものづくり産業  ›  科学技術振興  ›  地域イノベーション創出研究開発支援事業  ›  平成29年度地域イノベーション創出研究開発支援事業採択課題


ここから本文です。

平成29年度地域イノベーション創出研究開発支援事業採択課題

ID番号 N56501 更新日 平成29年6月28日

 県では、将来の新事業や新産業の創出につながる研究シーズを発掘し、研究開発を支援する「地域イノベーション創出研究開発支援事業」を実施しております。
 この度、平成29年度の研究開発課題を決定しましたので、お知らせします。
 

採択結果

地域イノベーション創出研究開発課題審査委員会における評価結果を踏まえ、以下の5課題を採択しました。
(記載順は採択順位とは関係ありません。)
 

可能性試験型

「神経細胞に保護効果を有する天然物質由来サプリメントの開発」
プロジェクトリーダー 冨田 浩史(岩手大学)
 
「久慈産琥珀抽出物に含まれる新規抗アレルギー物質kujigamberol類の高活性化による医薬品への可能性検討」
プロジェクトリーダー 木村 賢一(岩手大学)
 
「脳卒中片麻痺者用健側情報フィードバック水中歩行訓練システムの研究開発」
プロジェクトリーダー 三好 扶(岩手大学)
 

シーズ育成型

「ディープラーニングを用いた半導体工場の真空ポンプの経年劣化の自動検出方法の開発」
プロジェクトリーダー 榑松 理樹(岩手県立大学)
プロジェクトサブリーダー 番匠 康司(有限会社ホロニック・システムズ)
 
「心臓定量化ソフトウェアの研究開発とその臨床応用」
プロジェクトリーダー 土井 章男(岩手県立大学)
プロジェクトサブリーダー 鈴木 和浩(株式会社ジェーエフピー)
 

事業の概要

目的

 「新・科学技術による地域イノベーション指針(平成27年3月策定)」(以下「指針」という。)に掲げる7つの重点的に推進する技術分野(以下「7重点技術分野」という。)について新事業や新産業創出につながる将来有望な研究シーズを発掘・育成を支援することにより、科学技術によるイノベーションの創出を推進することを目的とします。

事業の対象範囲

 指針に掲げる次の7重点技術分野であって、基礎研究の段階にある研究開発のうち、可能性試験やシーズ育成を実施することにより応用化研究に展開する可能性の高い研究開発課題を対象とする。

可能性試験型

「学」が有する研究シーズについて、事業化に役立つ可能性のある研究に関する試験・研究

シーズ育成型

「学」が有する研究シーズについて、一定程度の成果が得られた研究に関して、シーズを育成し、「学」、「産」が連携して実用性を検証するもの

研究開発課題の募集分野

次世代産業・分野
対象開発の例示
(1) 次世代自動車分野
・ 次世代自動車に求められる省エネルギー性能向上のための車体軽量化部材の製造や動力制御ユニットの開発
・ 電動化に対応した二次電池や電力制御システムの開発
・ 画像処理などの高度センシング技術や制御システム技術を取り込んだ運転補助システムの開発 など
(2) 環境・エネルギー分野
・ 省電力発光素子や二次電池などのグリーンデバイス[1]の開発
・ 太陽光・風力等利用機器の高効率化技術の開発
・ リサイクル材による複合材料の開発
・ バイオマスや廃棄物資源の利用した環境浄化資材の開発
・ 波力や洋上浮力はどの海洋再生可能エネルギーを使用した発電システムの開発  など
(3) 加速器関連分野
・ ILC(国際リニアコライダー)や放射光施設など加速器に関連する技術の開発(特殊金属の加工技術(電解研磨等))  など
(4) ロボット分野
・ ロボットに必要とされる制御システムや軽量精密部材の開発
・ 農林水産分野やサービス産業分野を始めとした特定用途・作業向けのロボットの開発・製造  など
(5) 健康長寿分野
 
・ 電子機器関連の高度な技術や精密加工技術、組込み技術を融合させた医療関連器具・機器の開発
・ ICTやロボット技術を活用した福祉・介護や高齢者の見守り等を支援するための機器に関する技術の開発
・ 機能性健康食品や化粧品素材等に関する技術の開発 など
(6) 農林水産業高度化分野
・ ロボット技術を活用した省力機器・機械、高度なセンシング技術やICTを活用した精密農業等の生産管理システムの開発
・ 水産海洋分野における実用化研究により、水産学の復興に向けた技術開発  など
(7) 伝統産業高度化分野
・ 高度デザイン技術や試作評価技術の開発
・ 自動車内装品など工業製品向け省力・低コスト製造技術の開発  など

[1] グリーンデバイス:省エネルギー達成に寄与する、高効率照明や低損失電力制御素子、長寿命の蓄電素子などの電子部品
 

研究開発期間及び研究開発費

研究開発期間:委託契約日から平成30年3月15日まで
研究開発費:可能性試験型 100万円以下
            シーズ育成型 300万円以下

 

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 科学ILC推進室 科学技術担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5251 ファクス番号:019-629-5339
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.