エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  ものづくり産業  ›  医療機器産業の振興  ›  「岩手県医療機器関連産業創出戦略‐第2期‐」の策定について


ここから本文です。

「岩手県医療機器関連産業創出戦略‐第2期‐」の策定について

ID番号 N36589 更新日 平成27年6月15日

県では、平成22年3月に「岩手県医療機器関連産業創出戦略」(取組期間:平成22年度~平成26年度)を策定し、医療機器関連産業の創出に取組んできました。

今般、医療機器関連産業の更なる創出を目指し、平成27年度からを取組期間とする「岩手県医療機器関連産業創出戦略‐第2期‐」を策定しました。

戦略のポイント


方針 

これまでの取組での課題、本県のポテンシャル(強み・弱み)、医療機器産業に係る国や東北地域の取組等を勘案し、また、今後の国民医療や医療技術の動向を注視しながら、医療機器関連産業への参入企業拡大の取組を推進していく。
 
 

取組期間
平成27年度から平成30年度(4年間)
 
 

基本戦略
1.医療機器開発
2.OEM受託
3.部材・加工技術提供
4.医療関連機器開発
 
 

推進体制
コーディネート活動の拡充・強化
医療現場のニーズ収集、収集したニーズと県内ものづくり企業のマッチング等を推進する。
 
医工連携推進アドバイザリーボードの設置
医産学官等の者からコーディネート活動への多面的なアドバイスを行うことにより、円滑な医療機器・関連機器開発を推進する。
 
いわて医療機器事業化研究会を推進母体とした支援
いわて医療機器事業化研究会を推進母体として、医工連携・医療機器等開発支援、人材育成、取引拡大支援を実施する。
 
県内外の関係機関との積極的な連携
県内関係機関及び県外関係機関とも積極的に連携を図りながら取組を推進する。

 

添付ファイル

岩手県医療機器関連産業創出戦略‐第2期‐

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 ものづくり自動車産業振興室 ものづくり産業振興担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5553 ファクス番号:019-629-5569
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.