エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  教育・文化 ›  教育  ›  学校教育  ›  生徒指導  ›  「いじめの問題」について


ここから本文です。

「いじめの問題」について

ID番号 N3322 更新日 平成29年4月3日

「いじめは人間として絶対に許されない」との意識を学校教育全体を通じて児童生徒一人一人に徹底するとともに、いじめる児童生徒に対しては、毅然とした対応と粘り強い指導が必要です。

児童生徒一人一人の人格的成長や人間関係の育成を図ると共に、職員間の共通理解、児童・生徒会活動、教育相談体制の整備などの取組について一層の充実を図っていかなければなりません。

現状

全国的に、昭和60年度をピークに急減し、それ以降数年横ばい傾向にあったものの、平成6年度は調査の観点が変更され平成7年度には60,096件となりました。平成8年度以降は減少に転じ、本県においても全国と同様に減少傾向を示し、平成14年度の本県のいじめ件数は、小学校・中学校・高等学校併せて53件まで減少しました。
しかしながら平成18年、全国でいじめにより児童生徒が自らその命を絶つという痛ましい事件が相次いで発生し、いじめの問題に対して、学校及び教職員の認識や対応に問題があった例や、教育委員会の対応が不適切であった例などが報告されました。さらには、文部科学大臣あてに自殺予告の手紙が送付される事案も発生し、いじめの問題に対する社会的な関心の高まりがみられました。

こうした状況を受け、文部科学省では、平成18年度分の調査から、いじめの定義を「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」としました。
その結果、全国の認知件数は124,898件を数え、本県においても前年度の69件から1,513件と一気に増えました。この背景には、いじめの認知を、個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断を、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場に立って判断することとしたことによります。その後、いじめの認知件数は少しずつ減少しており、平成21年度は全国で72,778件、本県では438件まで減少しております。
平成22年には、全国で児童生徒の自殺が相次ぎ、その中には、背景にいじめがあるとされる事案もあったことから、全ての学校に対して「アンケート調査」の実施を求めるとともに、更なる取組を行うよう、学校におけるいじめの実態把握の取組状況を点検したところです。

対策

いじめの問題の未然防止・早期発見・早期対応に努めること

各学校においては

  1. いじめの問題への取組について、定期的な点検を実施すること。また、点検結果を踏まえて取組の充実を図ること。
  2. いじめの問題に関する校内研修等を通じて、いじめの問題の重大性を全教職員が認識し、指導上の留意点等について教職員間の共通理解を図ること。

各教育委員会においては

  1. 管下の学校に対して、いじめの問題への取組について、それぞれの実情に応じた点検項目に基づく定期的な点検を求め、取組の充実を促す必要があること。
  2. いじめの問題への自らの取組について、それぞれの実情に応じた点検項目を作成し、定期的に点検を行う必要があること。
  3. 関連の通知などの資料の活用や、その趣旨の周知・徹底ついて、学校の取組状況を点検し、必要な指導、助言を行う必要があること。
  4. いじめの問題について、研修等の実施により、教職員一人一人や学校の取組の充実を促す必要があること。
  5. いじめの問題に関して、学校のみならず、保護者からの相談も直接受け止められるよう教育相談体制を整えるとともに、相談窓口について広く周知徹底を図る必要があること。また、教育相談の内容に応じ、学校と協力した継続的な事後指導や医療機関など専門機関との連携が求められること。

これまでの取組み

  1. 平成6年度に、リーフレット「育てよう、思いやりの心 1」を25万枚作成し、県内公立私立全児童生徒に配付しました。
  2. 平成7年度に、リーフレット「育てよう、思いやりの心 2」を学校種ごとに作成し、県内公立私立校全児童生徒に配付しました。
  3. 平成8年度に、学校適応指導支援チームの提言をまとめた「児童生徒一人一人の健全な成長を願って」を県内全公立学校に配付しました。
  4. 平成18年度に「いじめ問題への取組についてのチェックポイント」による総点検を行いました。
  5. 平成19年度に、冊子「いじめ対応実践事例集」を県内全公立学校に配付しました。
  6. 平成20年度に、「いじめ問題への初期対応と対応マニュアル」(県立総合教育センター 平成21年3月刊)を作成し、ウェブ発信しました。
  7. 平成22年度に、いじめ問題への取組についての総点検を実施するよう求め、すべての学校でアンケート調査等を実施しました。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県教育委員会事務局 学校調整課 生徒指導担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6146(内線番号:6146) ファクス番号:019-629-6144
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.