エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  雇用・労働  ›  職業能力開発施設(産業技術短期大学校、高等技術専門校)  ›  岩手県立二戸高等技術専門校  ›  二戸高等技術専門校の沿革


ここから本文です。

二戸高等技術専門校の沿革

ID番号 N16285 更新日 平成26年2月21日

校訓

人格の形成 厳格な規律と礼儀・豊かな情操・教養の育成

技能の練磨 創造力と知識に裏付けられた技能の開発

体力の向上 健康で明朗な心身の育成

沿革

  • 昭和23年10月
    職業安定法に基づき、岩手県二戸公共職業補導所として、二戸郡石切所村字川原の大沢製材所を借り上げて発足。(建築科定員30名、訓練期間1年)
  • 昭和24年5月
    岩手県立二戸公共職業補導所と改称。
  • 昭和26年10月
    二戸郡福岡町石切所字川原46番地に庁舎を新築移転。
  • 昭和28年6月
    木工科を新設。(定員30名、訓練期間1年)
  • 昭和33年7月
    職業訓練法の施行に伴い岩手県立二戸職業訓練所と改称。
  • 昭和40年3月
    二戸郡福岡町石切所字上野々92番地1(現在地)に庁舎を新築移転。
  • 昭和40年4月
    左官科を新設。(定員30名、訓練期間1年)
  • 昭和42年4月
    建築科及び木工科の定員を各40名とし、3科定員内に10名の職業転換訓練課程を設ける。
  • 昭和43年10月
    寄宿舎を増築(4室増設)し、収容定員50名となる。
  • 昭和44年10月
    職業訓練校条例の施行に伴い、岩手県立福岡専修職業訓練校と改称。
  • 昭和45年11月
    農業者転職訓練を開始する。(建築科、左官科)
  • 昭和47年4月
    二戸市制の施行に伴い、岩手県立二戸専修職業訓練校と改称。
  • 昭和53年4月
    木工科の職業転換訓練課程10名を廃止し、専修課程(定員40名)に変更。総定員110名。
  • 昭和55年4月
    岩手県立二戸職業訓練校と改称。木工科の定員を10名減じ30名に、建築科の定員を10名増の50名とし、総定員110名となる。
  • 昭和56年4月
    岩手県立二戸高等職業訓練校と改称。普通課程第二類建築科(定員10名)を新設。建築科、左官科の職業転換訓練課程を廃止し、専修課程建築科定員40名、左官科定員20名に変更し総定員100名となる。岩手県立福岡高等学校との技能連携教育発足。
  • 昭和58年3月
    建築科及び木工科の実習場(2階建て)を新築。
  • 昭和59年3月
    管理・教室棟、左官科・自動車整備科実習場、体育館、寄宿舎(収容40名)を新築。
  • 昭和59年4月
    専修課程木工科の定員を20名に変更。普通課程第二類木工科(定員10名)を新設。総定員100名。
  • 昭和59年12月
    グランド完成。(約4,000平方メートル)
  • 昭和60年4月
    普通課程自動車整備科(定員30名、訓練期間2年)を新設。総定員130名。
  • 昭和61年4月
    専修課程木工科の定員を20名から10名に、建築科の定員を40名から30名に変更。総定員110名。
  • 昭和62年4月
    普通課程第二類建築科(定員10名)を廃止。総定員100名。
  • 昭和63年4月
    専修課程(定員10名)及び普通課程第二類(定員10名)の木工科を廃止し、普通課程第一類木工科(定員30名、訓練期間2年)を新設。総定員110名。
  • 平成2年3月
    専修課程左官科(定員20名)を廃止。総定員90名。
  • 平成2年4月
    岩手県立二戸高等技術専門校(現名称)と改称。
  • 平成7年4月
    木工科を伝統工芸科と改称。
  • 平成8年4月
    専修課程建築科(定員30名)を普通課程総合建築科(定員15名に減員)と改称。総定員75名。
  • 平成9年4月
    総合建築科の定員を20名[施工技術コース(定員10名)・設計製図コース(定員10名)]に増員。総定員80名。
  • 平成10年4月
    自動車整備科を自動車システム科と改称。
  • 平成13年3月
    自動車システム科実習棟を新築。
  • 平成13年4月
    自動車システム科の定員を15名から20名に増員。総定員85名。
  • 平成14年4月
    総合建築科を建築科(定員15名、訓練期間2年)に変更し、自動車システム科の総定員を40名とする。総定員85名。
  • 平成15年4月
    建築科の総定員を30名とする。総定員100名。
  • 平成17年4月
    訓練時間を1時限50分(7コマ)から1時限45分(8コマ)に変更。
  • 平成18年4月
    伝統工芸科の定員30名から10名に減員し、募集停止。定員80名。
  • 平成20年3月
    伝統工芸科を廃止。総定員70名。
  • 平成21年4月
    久慈職業能力開発センターを本校に統合し、在職者訓練を継続実施。
  • 平成22年4月
    委託訓練(離転職者等訓練)を開始。(産業技術短期大学及び宮古高等技術専門校から本校に一部移管)
  • 平成23年4月
    平成23年東北地方太平洋沖地震及び津波による大船渡職業能力開発センターの罹災に対応し、建築科に高卒コース普通課程1年(定員10名、訓練期間1年)及びフリーコース短期課程1年(定員10名、訓練期間1年)を新設。総定員90名。
  • 平成24年3月
    建築科の高卒コース普通課程1年及びフリーコース短期課程1年を廃止。総定員70名。

このページに関するお問い合わせ

岩手県立二戸高等技術専門校
〒028-6103 岩手県二戸市石切所字上野々92-1
電話番号:0195-23-2227 ファクス番号:0195-23-9081
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.