エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  雇用・労働  ›  労働  ›  個別労働関係紛争のためのあっせん制度


ここから本文です。

個別労働関係紛争のためのあっせん制度

ID番号 N4429 更新日 平成26年1月27日

個別労働関係紛争のためのあっせん制度

労働条件や解雇などをめぐり、労働者個人と使用者との間で生じた紛争について、あっせん員が当事者双方の言い分を聞きながらお互いの合意点を探ることにより、話し合いによる解決ができるようにお手伝いする制度です。

(注)あっせん員は原則として、岩手県労働委員会の公益委員、労働者委員、使用者委員の三者で構成されますので、労働者と使用者の双方の主張をよく理解できる制度となっています。

  1. 公益委員:公益を代表する委員で、大学教授、弁護士など
  2. 労働者委員:労働者を代表する委員で、労働団体役員など
  3. 使用者委員:使用者を代表する委員で、会社経営者、使用者団体役員など

個別労働関係紛争のあっせんの手続きについて

あっせん申請を希望されるかたは、「個別労働関係紛争あっせん申請書」に必要事項を記入して、県労働委員会に提出してください。
なお、申請書の用紙は、県庁雇用対策・労働室、県労働委員会事務局のほか、広域振興局にも備え付けています。

  • 費用は無料です。
  • 使用者が、あっせん申請したことを理由として労働者に不利益な取扱をすることは、県条例により禁じられています。
  • あっせんは非公開で行われ、秘密は厳守されます。

制度のしくみと流れ

トラブルの発生

個々の労働者と使用者の間で労働に関するトラブルが発生した場合

労働相談

岩手県庁2階の雇用対策・労働室または広域振興局経営企画部が窓口です。

あっせんの申請

県労働委員会

岩手県庁11階の県労働委員会事務局が窓口です。

あっせんの申請(相談窓口経由)

あっせん

あっせん員が当事者双方の言い分を聞きながら、話し合いで解決することをお手伝いします。

合意

解決

話し合いの結果、双方が合意することで、紛争は解決します。

あっせんの打ち切り

次のような場合は、あっせんを終了します。

  1. 相手方が話し合いに応じない場合。
  2. 話合いによっても合意に達しない場合。

あっせんの窓口

岩手県労働委員会(岩手県庁11階)
審査調整課 調整担当
電話:019-629-6276
ファクス:019-629-6274

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 雇用対策・労働室 労働担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5585 ファクス番号:019-629-5589
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.