エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  雇用・労働  ›  職業能力開発  ›  技能五輪全国大会・全国アビリンピック岩手県選手団入賞選手の知事表敬訪問について


ここから本文です。

技能五輪全国大会・全国アビリンピック岩手県選手団入賞選手の知事表敬訪問について

ID番号 N51054 更新日 平成28年12月2日

岩手県選手団入賞選手が知事表敬訪問を行いました

知事表敬集合写真

 第54回技能五輪全国大会・第36回全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)に出場した岩手県選手団の入賞選手が、下記のとおり知事を表敬訪問しました。

1 日時

 平成28年12月2日(金曜日)13時15分~13時30分

2 場所

 県庁3階 第一応接室

3 表敬訪問者

 第54回技能五輪全国大会入賞選手15名(銀賞2名、銅賞6名、敢闘賞7名)
 第36回全国障害者技能競技大会入賞選手2名(銅賞1名、努力賞1名)
 岩手県職業能力開発協会長、専務理事
 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構岩手支部長、高齢・障害者業務課長

第54回技能五輪全国大会について

 技能五輪全国大会は、青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会で、技能尊重気運の醸成を図ることを目的とし、毎年開催されています。参加資格は、大会開催年に23歳以下(一部職種を除く)であることが条件となっています。

1 開催日程

 平成28年10月21日(金曜日)~24日(月曜日)

2 主催

 厚生労働省、山形県、中央職業能力開発協会

3 開催場所

 山形県(山形県総合運動公園、山形ビッグウイング)

4 実施職種

 41職種(参加選手数1318名) 

5 本県出場選手

 12職種33名

第36回全国障害者技能競技大会について

 全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)は、障がいのある方々が日頃培った技能を競い合う大会であって、企業や一般の方々に障がい者への理解と認識を深め、その雇用の促進等を図ることを目的として毎年開催されています(国際アビリンピック開催年は休止)。参加資格は、大会開催年に15歳以上であることが条件となっています。

1 開催日程

 平成28年10月28日(金曜日)~30日(日曜日)

2 主催

 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構、山形県

3 開催場所

 山形県(山形県総合運動公園、山形ビッグウイング)

4 実施種目

 22種目(参加選手数370名)

5 本県参加選手

 7種目7名

(参考)
 アビリンピック(ABILYMPICS)とは、「アビリティー(ABILITY「能力」)」と「オリンピック(OLYMPICS)」を合わせた造語です。 障がいがある人々の職業能力の向上を図るとともに、企業や一般の人々に障害者への理解と認識を深めてもらい、その雇用の促進を 図ることを目的として 開催しています。
 

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 雇用対策・労働室 労働担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5585 ファクス番号:019-629-5589
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.