エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  雇用・労働  ›  職業能力開発  ›  岩手県卓越技能者表彰について


ここから本文です。

岩手県卓越技能者表彰について

ID番号 N30423 更新日 平成29年11月15日

岩手県卓越技能者表彰とは

岩手県卓越技能者表彰は、技能尊重気運を醸成し、技能労働者の地位及び技能水準の向上を図り、本県産業経済の発展に寄与することを目的として、卓越技能者表彰については昭和51年度から、青年卓越技能者表彰については平成8年度から実施しているものです。
毎年、県内において極めて優れた技能を有し、他の技能者の模範と認められる技能者を表彰しています。

卓越技能者

  • 平成29度受賞者 9人(延べ被表彰者数 319人)
  • 昭和51年度から実施
  • 表彰者数は毎年1職種1人の10人以内
  • 年齢45歳以上、実務経験15年以上の県内第一人者である者 

青年卓越技能者

  • 平成29年度受賞者 10人(延べ被表彰者数 196人)
  • 平成8年度から実施
  • 表彰者数は毎年30人以内
  • 年齢が25歳以上45歳未満、実務経験3年以上の、優れた技能を有し、将来に向け継承者として期待されている者

卓越技能者及び青年卓越技能者の推薦について

被表彰候補者は、県内の市町村長及び関係団体の長から推薦していただいています。

平成29年度岩手県卓越技能者表彰式

日時

平成29年11月15日(水曜日)午後1時30分から

会場

サンセール盛岡 1階大ホール

卓越技能者
平成29年度卓越技能者

青年卓越技能者
平成29年度青年卓越技能者

平成29年度岩手県卓越技能者表彰受賞者(敬称略、厚生労働省編職業分類順)

  平成29年度岩手県卓越技能者表彰受賞者は、下表のとおりです。

 

氏名

年齢

職種

就業先

現住所

卓越技能の概要

1

山崎 康広

50歳

半導体製品製造工 株式会社ジャパンセミコンダクター 北上市  半導体製品製造工として長年従事し、電装部品の修理及び装置改善、治具作成において特に優れた技能を有している。
 特にQFPパッケージの半田付け及び各部品の良否判定等の分野において、長年の経験と知識を活かし、装置の早期立ち上げや修理費削減に大きく貢献している。また、半導体製品のパッケージにマーキングする装置や半導体製品をパッケージから取り出しトレイに並べる搬送機等の開発・製作を手がけてきた。

2

千葉 孝貴

64歳

自動車整備工 有限会社丸福自動車 北上市  自動車整備工として長年従事し、自動変速機(CVTミッション)の整備・再生技術において特に優れた技能を有している。
 自動車の自動変速機(CVTミッション)の構造は自動車メーカーが公開していないものであり、そこに自動車整備工場としていち早く取り組み、整備・再生技術を確立している。

3

佐藤 正男

64歳

建築大工 山寺建築 一関市  建築大工として長年従事し、規矩術(きくじゅつ)と建築大工技能を駆使した神社建築の設計及び施工、修復において特に優れた技能を有している。
 また、木組みの中の継手及び仕口技法や入母屋造り屋根の隅木製作においても優れた技能を有しており、木造在来軸組工法に改良を加えた多くの住宅建築の実績を残しながら広く社会に貢献している。平成27年度には、第58回建築士会全国大会において伝統的技能者として表彰され、その技能は高い評価を得ている。

4

佐藤 鐵治

86歳

硯製作工 自営 一関市  硯製作工として長年従事し、一関市東山町で産出する国内有数の硯材とされる「紫雲石」で硯を彫る製硯師として優れた技能を有している。
 硯材の紫雲石は、東山町田河津字夏山から産出される粘板岩で、淡い紫色の石面に暗紫色の模様があり、鎌倉時代から採掘されていたと言われている。この貴重な銘石に卓越した製造技法で命を吹き込んだ「紫雲石硯」は、現在も多くの書道家に愛され続けている。

5

浅沼 政司

68歳

酒類製造工(杜氏) 山野酒造株式会社 花巻市  酒類製造工として長年従事し、清酒醸造技術は酒造業界の第一人者として高く評価されており、南部杜氏として特に優れた技能を有している。
 これまで、全国新酒鑑評会金賞(通算8回)や南部杜氏自醸清酒鑑評会優等賞(通算15回)、大阪府清酒研究会優等賞(通算9回)ほか多数受賞しており、清酒醸造技術の技能は高く評価されている。

6

佐藤 治

62歳

表具師・室内装飾工 有限会社佐藤四三室内 北上市  表具師・室内装飾工として長年従事し、表装において特に優れた技能を有している。
 これまで、高度な技能が必要とされる昔の北上地域地図の修復や裏打ち、西和賀町沢内村の碧祥寺や北上市花園町の称名寺等地元を代表する由緒ある建造物の掛け軸の表装、萬鉄五郎記念館の掛け軸の修復を行うなど、その技術・技能は非常に高く評価されている。

7

大森 信政

78歳

玩具製造工 みちのく工房 盛岡市  玩具製造工として長年従事し、郷土玩具の「チャグチャグ馬コ」製作において特に優れた技能を有している。
 氏は、名工として知られた先代の市四郎氏から受け継いだ技能・技術を守りながらも、時代にあった新しい玩具を次々と製作している。従来はモノトーンの木彫りであった「チャグチャグ馬コ」の工芸品を、彩り鮮やかで親しみやすい形の民芸玩具として普及させ、世代を超えて愛されている。

8

関根 勝志

62歳

楽器製造工 有限会社関根太鼓店 一関市  楽器製造工として長年従事し、太鼓製作において特に優れた技能を有している。
 太鼓製作は、皮に弾力を持たせる加工技術(なめし)及び太鼓胴内の手彫り加工技術に特に秀でており、柔らかく、濁りのない、残響の長い音色を奏で、長持ちする太鼓を製造する技術をもっている。
 現在、郷土芸能団体、神社仏閣、教育団体等全国に460団体以上の顧客を有しており、郷土芸能及び祭りの伝承活動に大きく貢献している。

9

谷村 松一

70歳

造園工 谷村造園 矢巾町  造園工として長年従事し、日本庭園における枯山水の石組や築山の石組、赤松の手入れにおいて特に優れた技能を有している。
 また、樹齢300~500年にも及ぶ老樹や銘木の移植・管理においても卓越した技能を有しており、赤松の手入れに関しては、県内でも特に優れた技能を有しており、透かし剪定等において素晴らしいものがある。

平成29年度岩手県青年卓越技能者表彰受賞者(敬称略、厚生労働省編職業分類順)

 平成29年度岩手県青年卓越技能者表彰受賞者は、下表のとおりです。

 

氏名

年齢

職種

就業先

現住所

卓越技能の概要

1

竹田 允人

37歳

アーク溶接工 北日本機械株式会社 滝沢市  アーク溶接工として従事し、被覆アーク溶接において優れた技能を有している。
 特に、これまで出場した岩手県溶接技術競技会のX線透過試験において、平均して9割以上の得点率を維持するなど、内部にほぼ欠陥が出ない完璧に近い品質の溶接技能を有しており、同競技会では優秀賞を4度、最優秀賞を2度受賞し、平成26年度の第60回全国溶接技術競技会において優秀賞を受賞している。

2

小松 英明

37歳

電子応用機械器具組立工 谷村電気精機株式会社 北上市  電子応用機械器具組立工として従事し、ワイヤーハーネス加工及び電装盤配線組立てにおいて優れた技能を有している。
 特に、医療機器製造において、二級電子機器組立作業技能士及び二級電気機器組立て技能士の技能と第二種電気工事士の技術により、装置の電気的組立技能に精通し、電気図面から機器の特性を読み取り、的確な材料を選択し具現化出来る技能・知識を有している。

3

小野寺 剛

31歳

建築大工 小野寺技建 一関市  建築大工として従事し、建築物の構造設計や純和風住宅にパッシブデザインを組み合わせた省エネルギー住宅の提案と施工、原寸図を必要とする特殊な造作や建具の制作において優れた技能を有している。
 特に、平成20年度に若手技能者を対象とした第46回技能五輪全国大会の建築大工職種に岩手県代表として出場し銀賞を受賞、さらに平成28年度に熟練技能者を対象とした第29回技能グランプリの建築大工職種に岩手県代表として出場し銀賞を受賞するなど、その技能は高い評価を受けている。

4

柏葉 龍彦

41歳

建設機械運転工 株式会社丸重 北上市  建設機械運転工として従事し、道路工事の掘削・法面成形作業において優れた技能を有している。
 特に、現場施工の実情に精通し、作業管理・調整能力に優れているとともに建設機械運転工として多種多様な施主の要望に応える運転技術を備えており、これまで無事故を継続している。現在は、国土交通省が推進するi-construction(アイコンストラクション)に取り組み、建設機械の自動補助運転による作業を行い、その技術を若手技能者に指導している。

5

斉藤 義徳

44歳

酒類製造工 株式会社わしの尾 岩手町  酒類製造工として従事し、清酒製造の他、貯蔵出荷管理や品質評価など清酒製造全般において優れた技能を有している。
 平成25年度に南部杜氏協会杜氏資格選考試験に合格し、現在は杜氏を補佐する「頭役」として蔵人をまとめあげる重責を担い、清酒の品質向上の為、技術の研鑽に励み、多くの清酒鑑評会で入賞し高い評価を得ている。
 特に平成28年度の全国新酒鑑評会では、岩手県の酒造好適米「結の香」と岩手県吟醸酵母「ジョバンニの調べ」、岩手県オリジナル酵母「黎明平泉」を用いた「オールいわて清酒」で初めて金賞を受賞している。

6

中村 昌

44歳

西洋料理調理人 ヌッフデュパプ 盛岡市  西洋料理調理人として従事し、生産者との繋がりを大切にした岩手の利を生かしたメニュー作りにおいて優れた技能を有している。
 特に牛肉について熱心に研究を重ね、その知識、技術を生かした独自の焼き方をする「いわて短角牛のステーキ」は県内のみならず県外からも楽しみに来る方もおり、ヌッフデュパプの看板メニューとなっている。

7

佐々木 収

39歳

室内装飾工 ささき内装 一関市  室内装飾工として従事し、壁装作業及び新素材壁紙の施工において、温湿度などを考慮し素材に合った糊の調整に優れた技能を有している。
 平成28年度には、第29回技能グランプリの壁装職種に岩手県代表として出場し、日本壁装協会から表彰されている。

8

八幡 理恵子

33歳

漆工 八幡平市安代漆工技術研究センター 八幡平市  漆工として従事し、石膏乾漆・粘土乾漆技法に熟練し、独自の造形技術を保有している。特に油土から石膏原型に至るまで綿密な作業に優れた技能を有している。また、乾漆粉蒔絵など高度で複雑な加飾技法開発にも造詣が深く、後継者指導に生かしている。
 平成28年度に伝統工芸士(浄法寺塗 塗り部門)に認定されている。

9

工藤 理沙

38歳

漆工 安比塗漆器工房 八幡平市  漆工として従事し、下地・塗りなど漆器製造技術全般に熟練している。特に、難しいといわれる本朱の上塗技術において優れた技能を有している(漆器で使用する本朱顔料は比重が重く、塗斑などが発生するが均一に塗る技術に優れている)。
 平成28年度に伝統工芸士(浄法寺塗 塗り部門)に認定されている。

10

岩渕 英稔

42歳

造園工 株式会社グリーン企画 一関市  造園工として従事し、自然風庭園の滝石組みや清流の石組みにおいて優れた技能を有している。
 また、植栽においては、山採りの自然樹木を活かした幹の曲がりや角度を大事にしながら遠近感を出し、自然に溢れ、情緒が感じられる庭造りに卓越した技能を有している。

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 雇用対策・労働室 労働担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5585 ファクス番号:019-629-5589
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.