エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  雇用・労働  ›  職業能力開発  ›  技能五輪全国大会・全国アビリンピック岩手県選手団結団式について


ここから本文です。

技能五輪全国大会・全国アビリンピック岩手県選手団結団式について

ID番号 N30304 更新日 平成29年11月2日

第55回技能五輪全国大会・第37回全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)岩手県選手団結団式を開催しました。

平成29年度岩手県選手団集合写真(参考写真)
平成29年度岩手県選手団集合写真

 第55回技能五輪全国大会・第37回全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)に当たり、本県から出場する40名の岩手県選手団の結団式を行いました。

1 日時

平成29年11月2日(木曜日)16時45分~17時15分

2 場所

エスポワールいわて3階特別ホール

3 主催

岩手県職業能力開発協会、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構岩手支部

4 参集予定者

出場選手40名(技能五輪全国大会32名、全国障害者技能競技大会8名)、選手団役員、関係者等、約70名

5 内容 

(1)選手団長挨拶

岩手県職業能力開発協会長

(2)選手紹介

岩手県職業能力開発協会専務理事、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構岩手支部高齢・障害者業務課長

(3)激励の言葉

岩手県知事

(4)県旗授与

矢田森 裕太 選手(時計修理職種)

(5)決意表明

菅原 楓 選手(配管職種) 

第55回技能五輪全国大会について

 技能五輪全国大会は、青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会で、技能尊重気運の醸成を図ることを目的とし、毎年開催されています。参加資格は、大会開催年に23歳以下(一部職種を除く)であることが条件となっています。

1 開催日程

平成29年11月24日(金曜日)~27日(月曜日)

2 主催

厚生労働省、中央職業能力開発協会、栃木県

3 開催場所

栃木県宇都宮市、小山市、那須塩原市、さくら市、下野市、上三川町

4 実施職種

42職種(参加選手数約1300名)
 

第37回全国障害者技能競技大会について

 全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)は、障がいのある方々が日頃培った技能を競い合う大会であって、企業や一般の方々に障がい者への理解と認識を深め、その雇用の促進等を図ることを目的として毎年開催されています(国際アビリンピック開催年は休止)。参加資格は、大会開催年に15歳以上であることが条件となっています。

1 開催日程

平成29年11月17日(金曜日)~19日(日曜日)

2 主催

(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構、栃木県

3 開催場所

栃木県宇都宮市

4 実施種目

22種目(参加選手数約370名)

(参考)
 アビリンピック(ABILYMPICS)とは、「アビリティー(ABILITY「能力」)」と「オリンピック(OLYMPICS)」を合わせた造語です。 障がいがある人々の職業能力の向上を図るとともに、企業や一般の人々に障害者への理解と認識を深めてもらい、その雇用の促進を 図ることを目的として 開催しています。
 

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 雇用対策・労働室 労働担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5585 ファクス番号:019-629-5589
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.