エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  雇用・労働  ›  職業能力開発  ›  「現代の名工」(厚生労働大臣が行う卓越した技能者の表彰)


ここから本文です。

「現代の名工」(厚生労働大臣が行う卓越した技能者の表彰)

ID番号 N4414 更新日 平成29年11月6日

「現代の名工」(厚生労働大臣が行う卓越した技能者の表彰)とは

本表彰は、卓越した技能を持ち、その道の第一人者と目されている技能者を表彰するものです。
昭和42年の創設以来、技能者の地位と技能水準の向上を図るとともに、技能の世界で活躍する職人や技能の世界を志す若者に目標を示し、精進する気運を高めることを目的としています。

平成29年度受賞者(敬称略)

佐々木 米藏(ささき よねぞう)70歳

職種

機械木工

就業先

佐々木工芸(洋野町)

技能功績の概要

長年にわたり洋野町の特産品「大野木工」の生産に従事し、木工ロクロ製品の製作に優れた知識・技能を有している。木製食器等の製作では、木目を生かした流線型のデザインや木目・光沢を引き出すなど木の持つ温かさの表現に優れており、依頼者からのニーズに合わせた製品づくりにより多方面において信頼が厚い。また、木地師が減少している中で、伝統工芸品である「浄法寺塗」の漆器木地製作も手掛けており、伝統工芸品の保存にも貢献している。

齋藤 勝雄(さいとう かつお)49歳

職種

機械時計組立・調整工

就業先

盛岡セイコー工業株式会社(雫石町)

技能功績の概要

高級機械式時計組立に関する技能(一円硬貨ほどの極薄機械式時計の組立調整技能)に卓越し、現代の名工・桜田守の後継者であり、極薄機械式時計を量産できる唯一の技能者として活躍中。現職場においては、後進への技能継承・指導育成の他、国内外の店頭実演や各種メディア取材にも活躍、日本製機械式時計の知名度向上にも貢献している。また、技能育成塾の講師も兼務しており、各種時計技能検定の検定員・指導員として幅広い技能者の育成にも力を発揮している。

これまでの受章者(過去10年間)

平成28年度

勝又 吉治(漆器加飾工)

平成27年度

滝浦 輝夫(染色・仕上工)
辻村 勝俊(酒類製造工)

平成26年度

高橋 康(清酒製造工)

平成25年度

浅沼 信夫(タイル張工)
西谷 重夫(電気めっき工)

平成24年度

受賞者なし

平成23年度

久多良 弘(金属手仕上げ工)
湊 正美(理容師)

平成22年度

石澤 弘(釣竿製造工)
藤原 正榮(旋盤工)

平成21年度

及川 守男(漆器加飾工)
観音堂 和司(時計組立・修理工)
鈴木 正二(建築板金工)

平成20年度

佐藤 義光(和生菓子製造工)
阿部 七郎(木製建具製造工)

平成19年度

宮田 キミ子(和服仕立職)
長山 三蔵(木製建具製造工)

(参考)平成29年度までの本県関係の受章者は67人です。

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 雇用対策・労働室 労働担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5585 ファクス番号:019-629-5589
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.