エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  >県土づくり ›  港湾・空港  ›  港湾  ›  久慈港  ›  久慈港の概要


ここから本文です。

久慈港の概要

ID番号 N8260 更新日 平成26年1月17日

久慈港は県北部第一の港湾であり、八戸、宮古両港の中間に位置しています。附近一帯は良好な漁場であることから、古くより漁業の中心地として繁栄し、久慈港北端の牛島附近は漁船の停泊避難港として利用されてきました。
大正11年に指定港湾となり、昭和7年から昭和24年にかけて時局匡救事業、凶作対策事業として現在の玉の脇地区の一部が県営工事として建設されました。

一方、久慈沖は船舶の遭難が非常に多いことから、八戸港・宮古港間に避難港の必要性が論ぜられ、昭和26年に全国避難港19港の1つとして指定されました。

その後、久慈港を県北地域開発の拠点とするための基盤整備として昭和31年より堀込港湾の建設に着手し、昭和44年には-6.0メートル(延長210メートル)、-4.5メートル(延長810メートル)岸壁が完成し、背後からの鉱産品及び林産品等の移出、さらには漁業基地としてその利用が活発化してきました。

また、昭和50年4月には重要港湾に指定され、これを受けて久慈地域の工業開発背後圏における諸計画をふまえ、港湾機能の拡充を図るため新たに外港地区に昭和60年を目標とする港湾計画が港湾審議会第77回計画部会の議を経て決定し、昭和59年には-10メートル岸壁1バース、-7.5メートル岸壁1バースが、昭和63年には-7.5メートル岸壁の2バース目が、さらに平成7年には-7.5メートル岸壁の3バース目が供用開始されました。

さらに、久慈港は国家石油備蓄基地の建設を契機として、県北地域の中枢港湾として地域開発の基幹となりうる機能を備えた新しい港湾整備が望まれていたことから、昭和60年11月には「湾口防波堤」の整備及び「半崎地区の工業開発」を骨子とし、港湾計画が改訂されました。

なお、国家石油備蓄基地建設時の作業用トンネルを利用した日本で最初の地下水族館「もぐらんぴあ」が平成6年4月にオープンし、平成17年7月には「みなとオアシス」に認定されました。

平成17年9月には、今後予想される大規模地震災害時の緊急物資輸送等に対応するため、諏訪下地区に耐震強化岸壁が位置付けられました。

上空からの久慈港

地図

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 港湾課 港湾担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5913 ファクス番号:019-629-9130
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.