エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  広聴広報  ›  希望郷いわて文化大使  ›  平成24年度希望郷いわて文化大使懇談会


ここから本文です。

平成24年度希望郷いわて文化大使懇談会

ID番号 N1737 更新日 平成26年1月17日

平成24年度の開催状況

岩手のイメージアップと「岩手ブランド」の構築に向け、県外から見た本県に対する御意見等をお伺いする機会として、希望郷いわて文化大使と知事との意見交換会、懇談会を開催しています。

希望郷いわて文化大使懇談会(九州地区)

  • 期日:平成24年8月6日(月曜日)
  • 会場:ホテルオークラ福岡(福岡県福岡市博多区)
  • 参加人数:9名

希望郷いわて文化大使懇談会(首都圏)

  • 期日:平成24年12月17日(月曜日)
  • 会場:クルーズクルーズ THE GINZA(東京都中央区)
  • 参加人数:
    希望郷いわて文化大使 41名
    知事
    秘書広報室長
    復興担当技監
    東京事務所長
    東京事務所総務行政部長
    東京事務所企業立地観光部長
    広聴広報課総括課長

懇談会の様子1

懇談会の様子2

懇談会で寄せられた御意見など

  • がれき処理をしないことには、復興はありえないという感じがする。
  • がれき処理を地元で行うことは、人の雇用にもつながる。遠くに運んでエネルギーを使うよりは、地元で処理する方がよい。
  • きっと岩手は復興すると思っている。粘り強いから。やっぱり粘り強さが最後は勝つのだろう。復興したならば、3.11より前のいい岩手ができるだろうと確信している。
  • 10年後、きっと乗り越えていく。乗り越えたときには、きっとすばらしい郷土になっているだろうし、きっと人間の気持ちも豊かになっていると思う。
  • ふるさとの風土というものが津波で壊滅しても、そこに生きていた人たちが、生きる場所としてみんなを支え続けられるような、自分のふるさとを取り戻すような復興のしかたをしてほしい。
  • 被災者のいろいろなインタビューを聞いていて、今までよりも岩手に対して誇りを持つことができた。すばらしい気持ちが日本に残されていると感じた。
  • 「私の育った岩手県というのはこういうすばらしいものがある。」と言えなければだめだと思う。うちの田舎は何もないなんて言う人を育てる、そういうふうな県ではだめだろうと思う。

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 広聴広報課 広聴広報担当(広聴)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5281 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.