エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  広聴広報  ›  懇談会等  ›  草の根地域訪問「こんにちは知事です」  ›  草の根地域訪問「こんにちは知事です」(平成22年6月9日)


ここから本文です。

草の根地域訪問「こんにちは知事です」(平成22年6月9日)

ID番号 N8920 更新日 平成26年1月17日

懇談記録の概要版です。詳細は以下のページをご覧ください。

  • 日時 平成22年6月9日(水曜日)
  • 場所 湯川地区公民館
  • 訪問団体名:湯川「桧峠会(ひのとうげかい)」

団体の活動内容

草の根地域訪問の様子1

  • 湯川青年会を母体にして、昭和63年から、自分たちが地域を発展させるため、自らの手で地域づくりに取り組むため活動している。
  • 地域の課題の掘り起こし、活動を将来に持続させる子どもたちの育成、地域の融和と観光客誘客のためのイベント開催を行っており、「きのこまつり」や「どんど祭奉納相撲」などを行っている。
  • 地域住民の満足と、観光客の満足の両方を満たすため、多くの支援制度を活用し、小さな事業から積み重ねてきた結果、地域からの信頼を得ており、地域の中心的組織である。
  • 少子高齢化と過疎化に悩みながらも、温泉や山の幸を活用した活性化を目指し、きのこの原木栽培、観光ワラビ園の開設など、地域経済の振興に頑張っているところである。

出席された方々の主な発言内容

草の根地域訪問の様子2

  • 高齢化の中で、どうやって活動を盛り上げて行こうか考えている所。高齢の方にも積極的に出てきてほしい。
  • さまざまな活動をしているが、助成や補助が無くなっても、頑張って続けていきたいが、やりくりが大変である。県にも協力やアドバイスお願いしたい。
  • どんと祭、きのこ祭りは自前で開催しているものであるが、「自分たちが何をしたいか」が大事。必ずしも予算があればよくなるという訳ではないと思う。
  • 温泉あっての湯川。「昔ながらの温泉街」であることが良い所。これを守っていきたい。
  • 地域の人が住みやすいようにしていくことで、お客もくるようになるのでは。
  • 地域が良くなれば、個々人にも恩恵がある。旅館だけでなく地域全体にいかに参加してもらえるかが大事。若い人にも参加させたい。
  • 団体客は特色がないと来てくれない。この地域の魅力を出せるようにしていきたい。

知事から

  • 観光わらび園などアイデアは良いと思う。旅館に泊まる方はやってみたいのでは。
  • 少子高齢化や過疎地を活性化させる場合、町といかに繋がるかがキーとなると思う。
  • 昔ながらの旅館は、今、日本から無くなりかけており、これがあることは魅力。これを活かしていけるのではと思う。
  • 横手など、周辺への対外的なアピールも大切。きのこまつり等は、県も一緒になってアピールしていきたい。

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 広聴広報課 広聴広報担当(広聴)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5281 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.