エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  広聴広報  ›  県政広報誌「いわてグラフ」  ›  いわてグラフ テキスト版  ›  いわてグラフ3月号(第726号)テキスト版


ここから本文です。

いわてグラフ3月号(第726号)テキスト版

ID番号 N8841 更新日 平成26年1月17日

表紙

いっしょに育む希望郷いわてマガジン
いわてグラフ

2011年3月号第726号
平成23年3月1日発行(年6回発行)
人と比べるのではなくもっと高い目標に向かって滑る。
写真キャプション
西和賀町立沢内中学校3年 田中ゆかりさん
特集1 ひとにやさしいまちづくり
みんなにやさしいまちってなんだろう?
特集2 北上川流域ものづくりネットワーク
ひとづくりでものづくり王国を育てよう!

2ページ 

今月の いわて希望の星(表紙)

第48回全国中学校スキー大会 女子クロスカントリー3キロメートルフリーの部 優勝
西和賀町立沢内中学校3年 田中ゆかりさん 

写真キャプション
日本クロスカントリーナショナルチーム(ジュニア)の強化選手。2月開催の全国中学校スキー大会で女子クロスカントリー・フリーの部優勝。
勝つことだけにこだわるのをやめたら楽しくなった。
クロスカントリーは、小学1年生の時に地元のスポーツ少年団で始めました。大会に出るたびに賞状をもらえるのがうれしくて、「勝ちたい」と思うようになったのに、だんだん「勝つだけのスキー」をすることに疑問がわいてきたんです。
そんな時に中学校のスキー部のコーチから、「楽しんで滑らないと続かないぞ」と言われて。気持ちを切り替えたのは、去年の東北大会。「絶対勝たなきゃいけない」と思わずにラクな気持ちで滑ったら、楽しかった。ひとつ壁を乗り越えて、“滑る楽しさ”を見つけることができました。
ライバルはいます。でも、その人との差に執着しても自分の「理想の滑り」ができるわけじゃない。もっとレベルの高い人を目標にし、そこを目指して努力することの方が大切だと思います。
高校・大学でもスキーを続けます。そこで良い結果を出して、いずれはオリンピックに出たい。そのために今は焦らず、何年後かに「爆発する」ための土台づくりを頑張りたいですね。

目次

いっしょに育む希望郷いわてマガジン
いわてグラフ2011年3月号 第726号 平成23年3月1日発行(年6回発行)
02いわて希望の星(表紙)
西和賀町立沢内中学校3年 田中ゆかりさん
03いわて家の 暮らしお役立ちナビ
「架空請求にご用心」の巻
04いわて希望の木 田野畑村
06特集1 ひとにやさしいまちづくり
みんなにやさしいまちってなんだろう?
10特集2 上川流域ものづくりネットワーク
ひとづくりでものづくり王国を育てよう!
12岩手県の施設催事案内
13アンケートプレゼント
広聴広報のご案内
14岩手県からのお知らせ
16AKIが出会った、いい人、いいモノ、いい話!
いわてふれあい見聞録

3ページ

ためになる生活情報や知識をご紹介! 

いわて家の暮らしお役立ちナビ

いわて家の人々
父・岩手好太郎
母・好子
息子・好一
娘・好美
じいちゃん・好助 

架空請求にご用心の巻 

[じいちゃん]んっ料金が未納?
はて…身に覚えのない話だのう
よくわからんから電話して聞いてみるか
[父]ちょっと待った!!それ架空請求じゃないか!?
[じいちゃん]架空請求?でもこのハガキちゃんとした役所から送られてきてるぞ?
[父]そう見せかけて信用させる手口もあるんだよ
とにかく身に覚えのない請求なら相手にしちゃダメだ!!
こんなのにうっかり連絡してしまうと個人情報を聞き出されたりして
新たなトラブルに巻き込まれるかもしれないからね!!
[母]やだこわい
[悪い業者]とにかく金払えコラ
何回でも電話してやるぞオイコラ
[じいちゃん]なるほど!! 身に覚えのない請求は無視するのが一番じゃな!!
[母]ですねっ
[息子]ところでお父さん!! 今月から僕たちのおこづかい五百円アップだよね!?
[父]ん? 何の話だ?おまえたちまで架空請求か?
[息子]ううん 昨日酔ってる時に一筆書いてもらったもん
[父]そそそんなズルはゆるさんぞオイ
[母]あなた ちょっと

漫画 

田中美菜子
盛岡市在住。「マーガレット」「ザ・マーガレット」で作品を多数発表。代表作は、『レモネード』『ピースを探せ』等。昨年、TBSドラマ『小公女セイラ』の書き下ろし単行本(全2巻)を発刊。 

身に覚えのない料金請求には注意しましょう! 

最近の 「架空請求」は公的機関に似た名称や法律事務所をかたるなど、手口も巧妙です。身に覚えのない料金の請求は、無視するのが一番。支払ってしまった時などは、警察に届出しましょう。
しかし、悪質業者が架空の料金の支払いを求めて少額訴訟を起こす事例もあります。裁判所から通知が届いた場合は、無視をせず、県民生活センターまたは最寄りの広域振興局消費生活相談室、市町村の消費生活相談窓口などに相談しましょう。

4ページから5ページ

一人ひとりの思いが、希望という木を育てる原動力。
岩手を元気にする熱いメッセージを、県民から県民へ伝えていきます。

いわて希望の木 

未来へのこと葉

問 子育てを応援するためにはどうしたらいいと思いますか。
答 一人ひとりが手を差し伸べ、みんなで子どもを育てる社会をつくっていくことが大切です。
[写真キャプション]移住した田中さん家族と4人の娘がいる松頭さん家族は村営住宅のお隣同士。田野畑村の充実した子育て支援が移住のきっかけになったという。 

田野畑村 

プロフィール
人口4000人弱、県内でも人口減少率が高く、特に若年層が激減している田野畑村では、定住促進対策として、子育て・住宅・雇用を支援する制度を整え、移住者を積極的に受け入れている。昨年7月以降、今年3月に引っ越し予定の1家族を加えると、6家族23人(うち小学生以下10人)が移住している。

子育て支援に力を入れて住民にとって暮らしやすいむらづくりを目指します。 

閑散としていた空き家に、いま子どもたちの元気な声が響き渡っています。声の主は、村外から移住してきた家族の子どもたち。充実した子育て支援が移住に踏み切ったきっかけでした。
田野畑村では、若い世代が暮らしやすい環境をつくり、人口減少に歯止めをかけようと、子育て世帯にやさしいむらづくりを進めています。子育てにかかる金銭的な負担を軽くするため、県内初の保育料の無料化を実現し、中学生までの医療費無料化、妊産婦の健診補助なども実施。昨年7月からは、移住を希望する子育て世帯を対象に、村営住宅を10年間、家賃無料または半額で貸し出すほか、村内に就職できるよう企業も誘致。その結果、県内外から、子どもを連れて家族で移住してくる人たちが増えました。迎え入れる地域住民も、家族の相談を受けたり、地区の行事に誘うなど、積極的にサポート。地域内に新たな交流と活気が生まれています。
子育て世帯への支援は、すべての住民が将来にわたって安心して暮らせる環境づくりにつながるもの。そのために、行政や地域がそれぞれ、できる支援をしながら、子育てに関わっていくことが大切だと思います。 

いわて希望の木 

みんなのこと葉

テーマ 「子育て応援」 について、みんなの意見をご紹介します。 

ちょっとした手助けが自然に出来ればいいな。(27歳・女性・会社員)
遊具のたくさんある公園が欲しい。(11歳・男性・小学生)
ボランティアとして参加して、老人も子供もいっしょに笑いたい。(62歳・女性)
男性が気軽に育児休業を取れるような社会にして欲しい。(34歳・男性・団体職員)
中・高・大学生の子どもを持つ親の応援も考えて。(46歳・女性) 

次回のテーマは「高齢者サポート」 

あなたの意見を募集します!
高齢者が生き生きと暮らすために、どんなサポートが必要だと思いますか。「雪かきや買物の手伝いをする」「若い世代と交流する場をつくる」など、あなたの自由な意見をお寄せください。詳しくは13ページのアンケートコーナーをご覧ください。

6ページから9ページ

特集1 ひとにやさしいまちづくり

みんなにやさしいまちってなんだろう?

最近よく耳にする、「ユニバーサルデザイン」。特定の人だけのものと誤解したり、「バリアフリー」と混同されている方も多いのではないでしょうか。「ユニバーサルデザイン」は、誰もが特別扱いされず、「すべての人」が暮らしやすい社会を目指すもの。「ひとにやさしいまちづくり」の実現に向けて、県内各地で取り組みが進められています。
[写真キャプション]
今回のリポーターは右から
下屋敷 泰成くん(都南東小・6年生)
板山 夕莉さん(都南東小・6年生)
二人は学校の授業でユニバーサルデザインを学びました。(8ページ参照) 

ユニバーサルデザインってなんですか? 

私たちの社会は、子ども、妊婦さん、高齢者、障がい者、外国人など、さまざまな人々で成り立っています。しかし、これまでのまちづくりやものづくりは、若くて健康な成人男性を基準として行われていたことから、さまざまな「バリア(障壁)」が発生しました。
そこで、どんな立場の人もバリアなく行動できる社会を目指すのが、「ユニバーサルデザイン」の考え方。誰もが利用しやすい製品や環境をデザインする「みんなのためのデザイン」です。
例えば、施設の出入口に車いす用のスロープがありますが、ユニバーサルデザインの場合は、最初から段差がなく、誰でも同じように利用できる出入口をつくります。こんな風にみんなが使いやすいデザインが増えていくと、あなたのまちもどんどん素敵になっていくと思いませんか。

あ!身近なところにユニバーサルデザイン! 
誰もが楽に利用できるエレベーター

誰もが出入りしやすい十分な空間があり、押しやすい高さにボタンを設置しています。 

ノンステップバス(スロープ付) 

乗降口に段差がなく、ラクに乗り降りでき、車いすの方も利用しやすいバスです。

さわればわかるシャンプー 

リンスと区別するために、シャンプーの容器にはギザギザがついています。目をつぶっていてもさわればすぐわかります。 

絵文字を入れた案内表示 

言葉の説明がなくても、パッと見て直感的に理解ができる表示です。 

多機能トイレ 

いろいろな人が使いやすいように空間を広くしています。手すりやベビーシートなどを備えたトイレです。 

点字ブロック 

視覚に障がいがある方でも安心してまちを歩けるように誘導します。

誰もが使いやすい自動販売機 

硬貨をまとめて簡単に投入できます。ラクな姿勢で操作や取り出しができる自動販売機です。
[写真キャプション]私たちの身近な所にあるのね!
[写真キャプション]いろんな工夫があるんだね!

みんなでつくる、誰もが快適に暮らせる岩手へ! 

県では、すべての人にやさしいまちづくりの実現を目指しています。そのために[ひとづくり][まちづくり][ものづくり][社会参加]などの分野で、だれもが暮らしやすい県づくりを進めていきます。 

ものづくり
ユニバーサルデザイン型の食器

誰もが食事を楽しめる使いやすく美しい器を。 

これまで介護食器といえば、形や色柄が限定されたものを使うしかないのが実情でした。好きな器を選んで食事をすることは、大切な食の喜び。「器の力で食事を楽しむ心を取り戻したい」そんな思いから、陶芸家、木工作家、販売者が集まって生み出した器が『てまる』です。これは使いやすいだけでなく、美しさも備えた器。「介護」から一歩踏み出した新しい器が誕生しました。
[写真キャプション]1枚目 持ちやすいよう溝をつけたり、すくいやすいように返しをつけるなど、工夫がいろいろ。
2枚目 プロジェクトメンバーの皆さん。 

社会参加 
外国人に快適な地域づくり

言葉や習慣の壁をなくし、暮らしやすいまちへ。
地域で暮らす外国人には、多くの壁が立ちはだかります。言葉や習慣、人間関係の問題を始め、病院や警察などで意思疎通ができずトラブルになる場合も。「オーシャンズ宮古国際交流倶楽部」では、外国人が地域の暮らしに馴染めるように、日本語学習の支援を中心に、地域住民への外国文化の紹介、交流の場づくりを展開。悩みや不安を受け止めながら、誰もが暮らしやすい地域づくりに取り組んでいます。
[写真キャプション]日本語教室は学びの場であると同時に、外国人の心のよりどころになっている。 

ひとづくり 
盛岡市立都南東小学校のユニバーサルデザイン学習 

子どもたちの心の中に思いやりの気持ちをはぐくむ。
都南東小学校では、思いやりの心をはぐくむために、ユニバーサルデザイン学習に取り組んでいます。学んだのは、6年生の児童45人。駅でエレベーターやトイレなどを調査したり、障がいのあるかたの話を伺ったり、ユニバーサルデザインの創作劇を発表するなど、年間を通じて多彩な学習を体験。さまざまな立場の人の気持ちを考え、行動することの大切さを学んでいます。
[写真キャプション]盛岡駅構内で車いすの方の話を聞く子どもたち。 

まちづくり 
公共施設のユニバーサルデザイン化 

みんなに使いやすい施設づくりを進行中!
県では、利用者の声を反映させ、公共施設のユニバーサルデザイン化を進めています。昨年完成した二戸警察署庁舎は、公共施設などの調査・点検活動、小中学校の学習支援を行う市民団体「カシオペア連邦はーとふる発見隊」(二戸市)のアドバイスを反映して作られました。言葉で意思を伝えられないかたのためのボードの導入や多機能トイレの設置などの意見を取り入れ、利用しやすい施設を実現しました。
[写真キャプション]「はーとふる発見隊」の要望により二戸警察署に導入された、コミュニケーションボード。指差すだけで伝わります。 

まちづくり 
ひとにやさしい駐車場利用証制度

困っている人の身になって駐車場を利用しよう!
「ひとにやさしい駐車場」は、障がい者や妊産婦のかたなどが利用できる駐車場です。
歩行が困難な方が施設を利用しやすいように、駐車場は施設入口の近くに設けられています。一般のかたがこの駐車場を利用すると、歩行が困難なかたが利用できなくなります。思いやりの心を持って、「ひとにやさしい駐車場」の利用を考えていきましょう。
利用証の対象者 障がい者、要介護認定を受けたかた、難病患者、妊産婦など
利用証発行窓口広域振興局の窓口
[写真キャプション]1枚目 利用証を掲示する方の優先駐車場です。
2枚目 いろんな分野でユニバーサルデザインの取り組みがあるんだね!

思いやりの心をはぐくみ、みんなで支え合う岩手を目指そう。 

実はこの「いわてグラフ」も、ユニバーサルデザインの一例です。文字の大きさや色づかいなど、みんなが読みやすい工夫をしています。これまでご紹介したような「ひとにやさしいまちづくり」の取り組みは、県だけで実現できるものではありません。皆さん一人ひとりがお互いの違いを認め合い、相手の立場になって考え、思いやりを持って暮らすことが大切です。そしてそれは、難しいことではありません。
例えば、お年寄りに席を譲ったり、目の不自由なかたのサポートをするなど、できることはたくさんあります。みんなで思いやりの心を育てながら、誰もが快適に暮らせる岩手をつくっていきましょう。
[写真キャプション]思いやりを大事にみんなで支えあっていきたいね!
お問い合わせ:県庁地域福祉課 電話:019-629-5423
詳細は地域福祉課ホームページで
「岩手県 ひとにやさしいまちづくり」検索

10ページから11ページ

特集2 北上川流域ものづくりネットワーク

ひとづくりでものづくり王国を育てよう! 

[写真キャプション]シチズン東北株式会社での、腕時計の組み立て体験の様子。 

産学官一体でひとを育てるネットワークを。 

岩手で最も工業集積が進む、北上川流域。優れた産業人材を継続的に育てるための新たな仕組みとして、平成18年度に「北上川流域ものづくりネットワーク」を設立し、活動しています。
現在、ネットワークの会員は231団体。産学官(地元企業、学校、行政)それぞれの役割を生かしながら、小・中・高校生、若手社員など、それぞれに合わせた取り組みを展開しています。
また、黒沢尻工業高校や産業技術短大には、技術・技能のスペシャリストを育成する専攻科を設置。このような基盤づくりによって、優れた人材が育っています。 

ものづくりへの興味と意欲を育てる。 

ものづくりへの好奇心を育てるために、小中学生のキャリア教育を支援しています。
子どもたちの職業観や、ものづくりへの意欲を育てることが大きな狙い。民間企業の経営者などによる出前授業、工場見学・体験学習、さらには、教職員の研修を支援しています。
小中学生からは「失敗を恐れないことを教えられた」「自分の夢を叶えたい」など、将来に向かう前向きな声が多く寄せられています。
[写真キャプション]工場見学や出前授業は、年々参加校が増えており、平成20年度は46校、平成21年度は74校が参加しています。 

高校生たちの製造業への理解を促進。 

高校生などを対象にした、技術向上と資格取得の支援にも力を入れています。民間から指導者を招き、技能検定合格に向けた実技講習会を開いたり、製造業への理解を深めるための長期インターンシップ、教職員の企業現場研修や保護者の企業見学会なども受け入れています。
さらに、工業高校の生徒が、小中学校へ出前授業を行う活動が年々活発化。小中学生に教えることで、ものづくりへの意欲も高まっています。
[写真キャプション]県内工業高校の技能検定合格者は順調に増加。平成21年度は11校・340名が合格しています。 

若手の力を育て、スキル向上を支援。 

会員企業の若手従業員を対象に、技術や技能向上のために開催しているのが「ものづくりいわて塾」です。これは、講座や先進企業の見学などを通じて、生産現場での「カイゼン」への気付きや視点を学ぶことがおもな目的。
また、塾生間に生まれた交流は、岩手のものづくり産業が縦・横の連携を図るうえで大きく役立つはずです。第一期からの塾生は160人を超えており、今後は卒塾生同士の連携を図る事業も進めていく予定です。
[写真キャプション]半年ごとに約20人の若手が 「いわて塾」で学んでいます。 

将来の岩手を担う子どもたちのために事業を継続していくことが大切。 

北上川流域ものづくり
ネットワーク代表
谷村久興(やむらひさおき)さん
[谷村電気精機株式会社会長]
工場見学の受け入れや出前授業などをするのは、将来岩手のものづくりを担う人材に、少しでも地元企業を知ってほしいからです。見学や研修を通じてものづくりを学ぶことで、子どもたちの職業観が養われ優れた人材が育てられていく。その子どもたちが地元に定着すれば、私たち産業界にとって大きな財産となります。
今後は、製造業だけでなく、1次産業3次産業などと連携しながら、新しいビジネスの受け皿を広げることが大切。そのためにも、産学官それぞれをつなぐコーディネーターがもっと必要です。
ネットワークの事業は、将来の岩手を支えていく人材(人財)を育てるという大事な投資なのです。
お問い合わせ
北上川流域ものづくりネットワーク 電話:0197-71-2730
県庁科学・ものづくり振興課 電話:019-629-5553

12ページ

岩手県の施設催事案内

お出かけしよ!遊びにいこ! 

平民宰相・原敬の盛岡時代、幼少年期の足跡をたどる。 

会場 県立図書館 盛岡市
企画展「原敬 立志の時代とゆかりの人々」 

4月17日(日曜日)まで 午前9時から午後8時
内容 原敬が盛岡で過ごした幼少年期や、ゆかりの人々を紹介
料金 無料
3月24日(木曜日)から31日(木曜日)休館
電話:019-606-1730

古文書の世界を通して江戸時代の暮らしに触れる。 

所在地:県立博物館 盛岡市

[写真キャプション]借用証文 江戸時代 県立博物館蔵 

テーマ展「くらしと古文書」 

3月19日(土曜日)から5月8日(日曜日)午前9時30分から午後4時30分
内容 江戸時代に県内に伝えられた古文書を紹介
会場 特別展示室
料金 大人300円、大学生140円、高校生以下無料
展示解説会 3月21日(月曜日・祝日)、5月3日(火曜日・祝日) 電話:019-661-2831

絵画、彫刻、現代美術など、多彩なアート127点を公開。 

所在地:県立美術館 盛岡市 

[写真キャプション]荻原國昭
雪掻きの朝

アートフェスタいわて2010 

3月21日(月曜日・祝日)まで内容 岩手芸術祭の受賞作品を中心に10部門の芸術作品を展示
料金:一般500円(400円)、高校生・学生350円(300円)、小・中学生200円(150円)()内は20名以上の団体料金
電話:019-658-1711

2周年はイベント満載、みんなで空港へ遊びに行こう。 

所在地:いわて花巻空港 花巻市
オープン2周年記念イベント 

4月17日(日曜日)午前10時から午後3時
会場 いわて花巻空港内
内容 はなっぴぃじゃん
けん大会、飛行機の部品販売、バスナイトツアー(要事前申込)など
料金 一部有料
電話:0198-26-5011

楽しいイベントいっぱい、春休みは子どもの森へゴー! 

会場 いわて子どもの森 一戸町
春休みスペシャル 

3月26日(土曜日)・27日(日曜日)
内容 楽しいワークショップやイベントを開催。おとなもこどもものんびり、ゆっくり、ぽけーっとしようよ。
料金 一部有料
詳細はお問い合わせください。
電話:0195-35-3888

庭づくり相談ならお任せを、緑あふれる暮らしを指南! 

会場 県立緑化センター 奥州市
春の緑化まつり 

4月23日(土曜日)・24日(日曜日)
内容 緑化相談、巣箱作り体験、チェーンソーアート、園内探訪(樹木の勉強)など各種イベントを開催
料金 無料
電話:0197-35-4529

13ページ

アンケートプレゼント

買うなら岩手のもの 

いわてグラフについてアンケートにご協力ください。 

岩手の豊かな自然や人が育んだ県産品は安全・安心で高品質!!アンケートにお答えの皆様の中から抽選でプレゼント。お好きな商品を1つ選んでご応募ください。下記の(1)から(5)に対する回答に、住所・氏名・年齢・職業・電話番号、ご希望商品のアルファベット記号(AまたはB)をお書き添えのうえ、はがき、ファクス、電子メールで下記あてにお送りください。抽選で合計6名様にプレゼントします。
応募締切
平成23年4月15日(金曜日)当日消印有効
当選発表
商品の発送(平成23年5月中旬頃)をもって代えさせていただきます。
Aイチゴ生どら焼き(6個入)3名様
イチゴ農家と和菓子屋のコラボで生まれた、新どら焼き。ほんのり甘い生地に、金ケ崎町産の高級イチゴの手づくりジャムと生クリームをたっぷりサンド。新感覚の和スイーツです。
お問い合わせ:後藤屋 電話:0197-23-2931(奥州市)
Bパン・デ・ロウ(生カステラ)(1個入)3名様
中はしっとり半熟、フワッとした食感がクセになる、話題の生カステラの登場です。牧場自家製のオーガニック小麦と卵を使い、素材のおいしさをそのまま生かして焼き上げました。
お問い合わせ:館ヶ森アーク牧場 電話:0191-63-5100(藤沢町)
送り先
郵便番号020-8570(住所不要)岩手県広聴広報課「いわてグラフ3月号・読者アンケート」係
ファクス:019-651-4865 電子メール:kouhou@pref.iwate.jp 

アンケート 
  1. 記事は分かりやすかったですか?(番号でお答えください)
    (1)非常に分かりやすい (2)分かりやすい (3)普通 (4)分かりにくい (5)非常に分かりにくい
    (4)または(5)のかたは、どのような点が分かりにくかったか、参考までにお教えください。
  2. 今回の企画で面白かったもの、興味をもったものは何ですか?
  3. 県政で興味のあるものは何ですか?(番号でお答えください)
    (1)医療 (2)福祉 (3)雇用 (4)子育て (5)その他()
    (5)その他のかたは、興味のあるものをお書きください。
    (1)~(3)については必ずご記入ください。
  4. 本誌5ページの「希望の木」の次号のテーマ「高齢者サポート」についてご意見をお寄せください。
  5. 本誌へのご意見・ご要望がありましたらご自由にお書きください。

ご記入いただいた個人情報やアンケート内容につきましては、厳正な管理のもとで取り扱い、アンケート集計、プレゼントの発送にのみ利用させていただきます。 

広聴広報のご案内 

県公式ホームページが新しくなりました!

音声で読み上げたり、文字の大きさを変えられます。
岩手の魅力発信ホームページにつながります。
岩手のイベント情報が見られます。
緊急・災害情報や注目情報がわかります。
県の広報情報が見られます。

皆さんのご意見・ご提言をお待ちしています。 

お手紙・おはがきのかた 郵便番号020-8570(住所不要)岩手県広聴広報課
電子メール:koucho@pref.iwate.jp
電話:019-629-5110 [電話によるご意見・ご提言は午前8時30分から午後5時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)]
ファクスの方は 019-651-4865 [ファクスは24時間受け付けていますので、お気軽にご利用ください]

14ページから15ページ

岩手県からのお知らせ 

ご存知ですか?

県税の納付は口座振替が便利です!

自動車税と個人事業税は、口座振替で納付できます。お手続きは、金融機関の窓口にて、備え付けの申込用紙を提出するだけです。また、3月31日までにお手続きいただくと、平成23年度から口座振替をご利用いただけます。
詳しくは、県公式ホームページをご覧いただくか、県庁税務課までお問い合わせください。
お問い合わせ:県庁税務課 電話:019-629-5141 

「電話番号が変わった」、「カード預かります」には要注意! 

振り込め詐欺は、「だましのテクニック」を次々に変化させるため、多額の被害が後を絶ちません。
息子や孫になりすましてお金を要求する手口に加え、最近では、警察官などになりすました犯人が直接お宅を訪問し、キャッシュカードをだまし取る手口が増えています。
「電話番号が変わった」、「カード預かります」などと言われたら、それは詐欺です。
誘いには乗らず、110番通報してください。
お問い合わせ:県警察本部生活安全企画課 電話:019-653-0110

県立図書館休館のお知らせ 

県立図書館は、3月24日(木曜日)から31日(木曜日)まで蔵書点検のため休館します。蔵書点検とは、県民の皆さんの財産である図書などの資料が目録に登録してある場所と正しく一致しているか点検する作業です。
長期の休館となりご迷惑をおかけしますが、ご理解願います。4月1日からは通常通り開館します。皆さんのお越しをお待ちしています。
お問い合わせ:県立図書館 電話:019-606-1730

『いのちとこころを支えるいわてフォーラム』を開催します。 

日時 3月18日(金曜日)午後1時から5時
場所 教育会館(盛岡市大通一丁目1番16号)
3月には県内各地で『いのちとこころ』を支える取り組みを行います。
[参加申込・お問い合わせ]県庁障がい保健福祉課 電話:019-629-5450

自殺に関する相談窓口 

「死にたい」「家族が死を考えている」など、自殺に関する相談を電話でお受けしています。
こころの健康相談統一ダイヤル 電話:0570-064-556
〔受付時間〕午前9時から午後4時30分(土曜日・日曜日・祝日定休)
盛岡いのちの電話(民間) 電話:019-654-7575
〔受付時間〕(月曜日から土曜日)12時から午後9時、(日曜日)12時から午後6時
岩手自殺防止センター(民間) 電話:019-621-9090
〔受付時間(土曜日のみ)3月まで午後5時から午後11時、4月以降午後8時から午後11時
お問い合わせ:県庁障がい保健福祉課 電話:019-629-5450

ご利用ください。 

消費者講座へ講師を出前します。

県民生活センターや市町村では、地域の町内会や企業、学校などが主催する消費者講座に講師を派遣し、消費者被害の防止とともに消費者力の向上を応援しています。
講座内容消費者と事業者との契約トラブル事例、悪質商法の手口と対処法など
費用 無料
申込先 県民生活センター
お問い合わせ:県民生活センター 電話:019-624-2209 

募集しています。 

グリーンボランティアを募集しています。

県では、自然公園、自然環境保全地域において、利用者へのマナー指導などの自然保護活動にご協力いただけるボランティアを募集しています。
活動地域国定公園(早池峰、栗駒)・県立自然公園(花巻温泉郷など計7カ所)・自然環境保全地域(琴畑湿原など計12カ所)
(注)詳しくは県公式ホームページをご覧いただくか、県庁自然保護課までお問い合わせください。
応募資格県内在住の18歳以上で、自然保護や利用指導のために意欲を持って活動に従事できるかた
登録期間5月2日から平成25年3月31日
応募期間3月1日(火曜日)から3月31日(木曜日)
応募方法はがき、ファクスまたはメールにより、次の事項を記入のうえ応募してください。

  1. 郵便番号 
  2. 住所 
  3. 氏名(ふりがな)
  4. 生年月日 
  5. 電話番号 
  6. 職業 
  7. 活動地域(複数選択可)

応募先 郵便番号020-8570(住所不要)自然保護課「グリーンボランティア募集」係
ファクス:019-629-5379
電子メール:FA0031@pref.iwate.jp
お問い合わせ:県庁自然保護課 電話:019-629-5374 

県職員の給与等のあらまし 

県職員の給与については、県議会における予算や給与条例の審議、県人事委員会の給与勧告等を通じて明らかにされておりますが、県民の皆さんに、より一層のご理解をいただくため、そのあらましをお知らせします。 

1 給与費の状況(平成22年度普通会計予算) 

職員数(A)20,377人
給与費(給料86,500,423千円)、(職員手当49,503,832千円)、(計(B)136,004,255千円)
一人当たり給与費(B)÷(A)6,674千円
(注1)知事・議員等の特別職の職員や非常勤の職員に支払われる給与、共済組合、公務災害補償の負担金等は給与費には含まれていません。
(注2)職員手当には、退職手当は含まれていません。

2 給与(平成22年4月1日現在) 

一般行政職の初任給、平均給料月額および平均年齢の状況
大卒(決定初任給172,200円(168,756円))
高卒(決定初任給140,100円(137,298円))
平均給料月額335,154円
平均年齢43歳2月(注)平成20年4月から3年間、給料月額について、本庁副部長級以上6%、本庁総括課長級4%、その他2%の減額を行っています。初任給の()内の額は減額後の額です。
特別職の給料等の状況
給料月額(知事1,240,000円(992,000円))(副知事960,000円(816,000円))
期末手当 6月期 1.40月分 12月期 1.55月分 計 2.95月分
(注1)平成20年4月から3年間、給料について、知事は20%、副知事は15%の減額を行っています。()内の額は減額後の額です。
(注2)期末手当は、平成22年度の改定後の支給割合です。 

3 職員定数 

部門別職員数と主な増減理由(各年4月1日)
一般行政部門(平成22年4,046)(平成21年4,179)(増減数-133)、(主な増減理由)
組織体制の見直し等
特別行政部門(平成22年15,492)(平成21年15,652)(増減数-160)、(主な増減理由)児童、生徒数の減少
公営企業等部門(平成22年4,801)(平成21年4,773)(増減数28)、(主な増減理由)
診療報酬改定対応による看護師配置の見直し
合計(平成22年24,339)(平成21年24,604)(増減数-265)
詳細は県公式ホームページの「人事課」のページをご覧ください。

掲載の広告は県が推奨するものではなく、一切の責任は広告主に帰属します。
[広告]金氏高麗人参

裏表紙

AKIが出会った、いい人、いいモノ、いい話! 

いわてふれあい見聞録

vol.6 「盛岡町家の不思議」 

盛岡市 

人気ブログ「農家の嫁の事件簿」の作者・AKIさんが、いわてのいい人、いいモノ、いい話をお絵描きリポート。今回は、盛岡市鉈屋町に残る「盛岡町家」を徹底取材! 町家を生かしたまちづくりを進める、盛岡まち並ン塾の大坊公二(だいぼうこうじ)さんにお話を伺いました。
[イラスト内文章] 

盛岡鉈屋町
一軒一軒が「町家」。奥に細長いつくり!
一見長屋に見えるけれど、実は独立した家のつながり。
昔は、八百屋、魚屋、大工に医者に床屋、さらには占い家(八卦はっけ)まで、くらしの全てがそろう店並びだったそう。間口を狭くして沢山の店を!
[イラスト説明]表通り
出入りするのは、同じ通りや近所の農家の人たち
ここが店舗(見世みせという)
室(ムロ)店用床下収納
そして、時々、こどものお仕置部屋?!
こっちがすまい
主はここで店番をしたりくつろいだり
神棚
2階
店の従業員や家族の部屋
天窓。窓のない町家の明かりとり。採光抜群!ここから、白鳥の渡りがみえるそう!
「ここから、白鳥の渡りも見えるんですよ」
盛岡のとある町家の天井を見上げ、そう教えてもらいました。町家は昔ながらの商家のかたち。その特徴は、独特の細長いつくりです。けれど、それだけではありません。
他にも、不思議なつくりがいろいろと。
まず、
長い通路(ロージという)、なんのため?
通り道、物置、そして隣との防音スペース!
町家のつくりは。
と、皆、同じつくり。隣同士、ロージを挟むことでお互いの生活音を聞こえにくくしているのです。
家の真ん中の大きな吹き抜け、なんのため?
ここは普段、家の主のいる間。(常居じょういという)
そして、商家に欠かせない神棚もここに。
主と神さまの上を歩くべからず。
ということで、吹き抜けにするのだとか。
さらに、小さな坪庭、なんのため?
そこは風の通り道。戸を開け放つと季節の風が。夏は坪庭が天然クーラーがわりなのです。
町家独特の不思議なつくり。
昔は、店とすまい、仕事と暮らしがとてもうまく調和していたみたいです。しかも、自然までしっかりとりこみ、うーん、よくできる!
冬はちょっと寒いけどね
でもガマンできるくらいらしい。
不思議の裏にちゃんとワケあり。沢山のワケを見つけたくなる町家です。
町家の住人、盛岡まち並み塾 大坊光二さん
自由に見学できる町家もあります!詳しくは、下の「いい話MEMO」へ。 

いい話MEMO 

鉈屋町では「盛岡まち並み塾」を中心に、町家の暮らし文化や、青龍水・大慈清水という清水を生かしたまちづくりが進んでいます。お休み処として公開している町家もあり、自由に見学できます。また、毎月第2土曜日には町家や清水を使ったイベントを開催。4月2日(土曜日)・3日(日曜日)には、約40軒の町家や商店などが自宅のお雛様を公開する「旧暦の雛祭り」が開催されます。

いわてグラフは516,000部作成し、県内全世帯に配布しています。1部当たりの単価は、約17円です。
いわてグラフ2011年3月号
第725号 平成23年3月1日発行(年6回発行)
企画・発行 岩手県秘書広報室広聴広報課 岩手県盛岡市内丸10番1号 電話:019-629-5283 編集・印刷 株式会社 盛岡博報堂

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 広聴広報課 広聴広報担当(広報)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5283 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.