エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  広聴広報  ›  県政広報誌「いわてグラフ」  ›  バックナンバー  ›  いわてグラフ第737号(平成25年6月1日発行)


ここから本文です。

いわてグラフ第737号(平成25年6月1日発行)

ID番号 N5253 更新日 平成26年1月17日

広報誌テキスト版について

読み上げソフトをご利用の方はテキスト版広報誌をご利用ください。

また、同内容の点字版を発行しています。
県内に在住の方 で、点字広報を希望される方はご連絡ください。

広聴広報課広報担当 電話:019-629-5283

表紙:県立種市高等学校海洋開発科

表紙

表紙に登場するのは、県立種市高等学校海洋開発科の生徒たち。
港湾土木などの分野で世界的に活躍している「南部もぐり」の伝統と技を受け継ぎ、プロフェッショナルへの道を歩んでいます。

仲間:「南部もぐり」の伝統を受け継ぎ 仲間と共に未来へ

特集1:世界が期待するILCを東北に 国際リニアコライダー計画

東北の復興と再生に結びつくといわれるILC。どのような研究施設で、どのような効果が生まれるのでしょうか。

特集2:平成25年度「いわて復興加速予算」 復興の歩みを加速

平成25年度を「復興加速年」と位置づけ、過去最大規模の当初予算を編成。復興の歩みを実感できるよう取り組みを加速させていきます。

未来へキラリ 駆ける人

いわての「これから」に向かって進む人たちをご紹介。

  • 漁業の魅力を伝えながら 大槌の復興をリードする 阿部力さん[新おおつち漁業協同組合副組合長]
  • ユニークで大胆な丼で 久慈を元気な街に! 柏木美子さん[株式会社街の駅・久慈 企画スタッフ]

復興に向けてできることをひとつずつ!

  • やませの郷食の技研究会[野田村]
  • 「ふだいの昆布で村おこし!」プロジェクト[普代村]

お知らせ

県施設のイベント情報、アンケートプレゼント

岩手県からのお知らせ 災害関連インフォメーション 放射線影響対策のお知らせ 今年の夏はいわて北三陸にいこう! 震災からの歩み 広聴広報のご案内

岩手の魅力「世界遺産・平泉」

久慈琥珀と平泉

  • 古代の有力者も魅せられた「久慈琥珀」

柳之御所遺跡

  • 追加による世界遺産登録を目指しています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 広聴広報課 広聴広報担当(広報)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5283 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.