エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  広聴広報  ›  岩手県広報誌「いわてグラフ」  ›  いわてグラフ第764号(平成30年10月1日発行)


ここから本文です。

いわてグラフ第764号(平成30年10月1日発行)

ID番号 N68285 更新日 平成30年10月1日

広報誌テキスト版について

読み上げソフトをご利用のかたはテキスト版広報誌をご利用ください。

また、同内容の点字版を発行しています。
県内に在住のかたで、点字広報を希望されるかたはご連絡ください。

広聴広報課 広聴広報担当 電話:019-629-5283

いわてグラフ10月号(第764号) 全ページ版PDF

いわてグラフ10月号(第764号)全ページが一括でダウンロードできます。

表紙 第158回芥川賞受賞作家 若竹 千佐子 さん

表紙に登場するのは、遠野市出身で、「おらおらでひとりいぐも」で第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子さんです。 

わんこきょうだいのいわてのとっておき/今月の表紙

「わんこきょうだいのいわてのとっておき」では、県のPRキャラクターわんこきょうだいが、岩手の素材や職人技を生かして盛岡市の企業が開発した猫グッズを紹介しています。

「今月の表紙」では、表紙に登場した若竹千佐子さんのインタビューを掲載しています。

みんなの力で復興スクラム!

地域づくりに生かせる復興の取り組みを紹介しています。

今月号では、農家と漁家の女性たちが連携して郷土料理の伝承などに取り組む「釜石・大槌郷土料理研究会」の活動を紹介しています。

特集1 ILCの実現に向けて

岩手と宮城にまたがる北上山地が建設候補地になっているILC(国際リニアコライダー)について、岩手県立大学の鈴木学長が子どもたちの疑問に回答する形式で、分かりやすく解説しています。

特集2 こころの支援

身近で悩んでいる人の命を守るため、私たちができる「ゲートキーパー」の役割についてお知らせしています。

岩手県からのお知らせ、震災からの歩み、放射線影響対策のお知らせ、広聴広報ガイド

いわてハッピーライフ/アンケート&プレゼント

暮らしに役立つ情報や県の取り組みを漫画で紹介しています。

今月号のテーマは、「社員の健康づくりで会社をもっと元気に!」と題して、専用の歩数計を使ったプログラムなどに参加する「企業対抗チャレンジマッチ」について紹介しています。

「企業対抗チャレンジマッチ」に関するお問い合わせ先として掲載していた県庁健康国保課の電話番号が誤っていたため、10月17日に更新しました。
 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 広聴広報課 広聴広報担当(広報)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5283 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.