エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  広聴広報  ›  いわて県民参画広報事業について  ›  平成27年度いわて県民参画広報事業 採択事業のご紹介


ここから本文です。

平成27年度いわて県民参画広報事業 採択事業のご紹介

ID番号 N37209 更新日 平成27年8月10日

1 自立支援を兼ねた新しい働き手による岩手県・食のワッショイ事業(一般社団法人SAVE TAKATA)


物産展の様子

1 事業の内容

 陸前高田市で栽培されている「米崎りんご」をはじめとする、岩手県の海の幸、山の恵みを首都圏等で開催する「物産展」で県外にPRすることにより、岩手の魅力を発信します。

 また、「物産展」の準備段階として、首都圏等の若者に陸前高田市での就農体験、就労体験をしてもらい、陸前高田市、そして岩手県のファンになっていただき、岩手の魅力を若者からPRしてもらいます。

 2 採択団体からの事業PR

 今まで岩手県の食文化に触れる機会の少なかった首都圏等の若者が、生産から販売に携わり、地域資源の活きた新しい食を掘り起こし発信することにより、岩手の魅力を広く情報発信します。

 また、岩手の食文化という角度から、岩手ファンを獲得し、若者の視点での訴求力を期待しています。さらに、携わる若者たちが自ら岩手県を身近に感じ、「自分を成長させてくれた岩手」と感じ、そして心から岩手ファンになることを期待しています。

 3 事業実施期間

 平成27年7月29日から平成28年3月15日まで

2 東京で岩手を感じる日-岩手ふるさとづくりプロモーション事業-(東北ふるさとづくりパートナーズ)

プレゼンテーションの様子

1 事業内容

 「東京で岩手に"出会う"」をコンセプトに、首都圏在住の岩手出身者・岩手ファンの方が岩手の地域資源や、それらを活用した独自の事業・活動を行う人に触れることで、岩手の活性化に向けた動きに参画していただきます。

 具体的には「岩手県人DAY」という名称で、首都圏在住の岩手県出身者、岩手ファンなどが一堂に会すイベントを首都圏で開催し、岩手に対する「ふるさとづくり」を通じて、岩手ファンのさらなる拡大を図ります。

2 採択団体からの事業PR

 「岩手県人DAY」の開催に係る準備、運営を通じて、岩手の魅力を発信する活動に参画する人の拡大が図られます。また、この取組を通じて、事業協力をいただく参画団体や事業者から、新しい岩手の広報・PR活動の取組の企画やアイディアが生まれ、広く岩手をPRすることが可能になります。

 そして、岩手の「地域資源」に出会い「人」と繋がる機会として、岩手を盛り上げる岩手県人の広がりを創り、岩手をPRすることによって「ふるさとづくり」を行う人口の拡大を目指します。

3 事業実施期間

 平成27年9月1日から平成28年2月28日まで

3 『百聞は一見にしかず、岩手県。』(久慈まめぶ部屋)

久慈まめぶ部屋の写真

1 事業内容

 首都圏のイベントなどで、久慈市山形町の郷土料理である「久慈まめぶ汁」のお振舞い企画などを実施しながら、ポスターや横断幕、のぼり、観光エリアのパンフレット等を掲出・配布し、対面機会を積極的に作り岩手の魅力を発信します。

 また、岩手に興味を持っていただいた方やイベント等に参加していただいた方には、対面(表情や言葉。久慈まめぶ部屋のパフォーマンスなど)のPRを重ね、観光資源や特産物の認知度向上をさらに図ることで、岩手の魅力に対する印象を残し植え付け、「そうだ、岩手へ行こう!」というアクションにつなげます。

2 採択団体からの事業PR

 「久慈まめぶ部屋」は、まちおこし団体として積極的な活動を行っており、徐々に岩手県内でも認知されつつあります。

 平成22年4月に設立し、平成23年3月11日発生した東日本大震災で、岩手県沿岸部、宮城県沿岸部などの炊き出しを30箇所、1万食提供しました。さらに、「久慈まめぶ部屋」は平成26年のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でも取り上げられ、今や岩手県の郷土料理の代名詞と言っても過言ではありません。

 全国区となった『久慈まめぶ汁』を通じて、岩手県を訪れてほしいとダイレクトなPRをすることで、コミュニケーションを通じて、全国の皆さんからの「反応」を得ることができると考えています。

 我々のパフォーマンスは、大相撲元小結栃乃花の出身地ということもあり、日本の国技『相撲』です。部屋員は、力士に扮装し、東横綱の土俵入りで四股をふむ際に飛び上がります。来場者も参加しパフォーマンスを楽しみながら、食を楽しみ、岩手県を強く印象付ける取組です。

3 事業実施期間

 平成27年7月29日から平成28年3月15日

4 岩手特化型クラウドファンディング「いしわり」を活用した岩手の魅力発信及び首都圏における岩手応援コミュニティ形成のための広報事業(特定非営利活動法人wiz)

いしわりのチラシの画像

1 事業内容

 クラウドファンディング「いしわり」は、岩手を盛り上げるためのアイデア実行の際に抱える資金問題をクラウドファンディング(不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うこと)の仕組みを用いて解決します。「いしわり」は資金調達の単なる手段ではなく、岩手の新しい取組、面白い取組を掲載することで、全国に岩手の魅力を発信できる広報ツールです。「いしわり」を通して「岩手をよくしたい」という想いでコミュニティ形成を図り、岩手の魅力を広く発信していきます。

 具体的な活動としては、岩手県のPRと知名度向上のためチラシ等を作成・配布します。岩手ファンを拡大し、岩手で実施する事業への資金協力者増加のための「いしわり」グッズについても作成・配布します。また、東京で首都圏在住の岩手県出身者や岩手に関心のある人に会うイベント「東京で岩手県民500人に会うまで帰りません」や、岩手応援コミュニティ交流会などを実施し、岩手を応援する人が集まるコミュニティをつくり情報発信の拡大を図ります。

2 採択団体からの事業PR

 岩手県内で実施する事業を、「いしわり」に掲載することで、「岩手ではこんな新しい取組をしている」「岩手でもこんなチャレンジができる!」といった明るいニュースを全国に向けて発信することができます。それによって、岩手への関心を高めてもらったり、全国にいる出身者に向けて地元の情報を届けたりすることができます。

 岩手特化型クラウドファンディングである「いしわり」の知名度を向上させるとともに、県外在住の出身者を中心とした岩手を応援する人のコミュニティをつくり、情報発信を行い、それによって、県外にいる人が継続的に岩手に関わることができる基盤をつくります。

 「いしわり」を通じてより多くの人々に対して岩手に関わる機会を提供し、岩手に住む人、故郷に想いのある人、岩手に縁があって遠くから応援したい人達の力を合わせて、岩手をよくする取組をどんどん実現させていき、そして同時にそれを発信できる「いしわり」を活用することで、岩手をもっと盛り上げ、岩手から情報発信していきます。

3 事業実施期間

 平成27年7月29日から平成27年3月15日まで

 

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 広聴広報課 広聴広報担当(広報)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5283 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.