エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  子育て  ›  子育て支援・制度  ›  母子保健  ›  未熟児養育医療給付


ここから本文です。

未熟児養育医療給付

ID番号 N1917 更新日 平成27年10月27日

養育医療の給付の事務は、平成25年4月1日より県から全ての市町村へ移譲されました。
このため、平成25年4月1日以降は、お住まいの市町村へお問い合わせください。

制度の概要

身体の発達が未熟なまま生まれ、入院を必要とする乳児が、指定養育医療機関において入院治療を受ける場合に、その治療に要する医療費を公費により負担する制度です。

対象者

  1. 満1歳未満の未熟児であること。
  2. 当該未熟児が岩手県内に住所を有すること。

上記1及び2の条件を満たし、かつ下記症状を有し、医師が治療を必要と認めたもの。

対象となる症状

  1. 出生時体重が2,000グラム以下の未熟児
  2. 生活力が特に薄弱であって、次に掲げるいずれかの症状を示すもの。
    一般状態
    1 運動不安、けいれんがあるもの
    2 運動が異常に少ないもの
    体温
    体温が摂氏34度以下
    呼吸器・循環器系
    1 強度のチアノーゼを持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
    2 呼吸回数が毎分50を超えて増加傾向にあるか、又は毎分30以下のもの
    3 出血傾向の強いもの
    消化器系
    1 出後24時間以上排便のないもの
    2 出後48時間以上嘔吐持続するもの
    3 血性吐物、血性便のあるもの
    黄疸
    生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

公費負担の範囲

指定養育医療機関における養育医療にかかる入院治療費のうち、医療保険適用後の自己負担額に対して公費負担されます。ただし、世帯の所得税額に応じて、治療費の一部は自己負担になります。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 子ども子育て支援課 少子化・子育て支援担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5470 ファクス番号:019-629-5464
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.