エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  教育・文化 ›  国際・多文化共生  ›  多文化共生  ›  「いわてグローバル人材育成ビジョン」について


ここから本文です。

「いわてグローバル人材育成ビジョン」について

ID番号 N22962 更新日 平成26年3月30日

 本県におけるグローバル人材の育成を計画的・効率的に推進するため、このたび、人材育成の目標と基本方針を定める「いわてグローバル人材育成ビジョン」を策定しましたので、お知らせいたします。

策定の趣旨

・東日本大震災津波以降、本県に対する海外からの注目度が高まっており、また震災復興支援を通じて海外との新たな交流が生まれている。
・グローバル化の進展により、今後一層、本県においても、経済、教育、文化など様々な分野で海外との関係を深めていくための人材育成が必要であることから、人材育成の目標と基本方針を定めるビジョンを策定するもの。

ビジョン策定に向けた取組経緯

(1)「いわてグローバル人材育成ビジョン策定検討会議※」における庁内検討
  ※構成:広聴広報課、総務室、人事課、NPO・文化国際課、産業経済交流課、観光課、流通課、空港課、
学校教育室
(2) 県内企業に対するアンケート調査(H25.6実施 無作為抽出1,000社対象、回答580社)
  ・外国人や海外市場との関わりあり 111社(19%)⇒食品製造業では34社中14社(41.2%)
  ・グローバル人材の必要性あり 127社(21.9%)⇒食品製造業では34社中18社(53%)
(3) 本県高校生の米国派遣を通じた人材育成手法の検討(H25.8 高校生10名を9日間派遣)
  ・現地高校生やNY岩手県人会等との人的交流経験が、帰国後の海外との関わり継続意欲を喚起
  ・帰国後、各高校において派遣生徒による学校報告会を開催し、研修成果を波及
(4) 関係団体等ヒアリング調査
 

ビジョンの概要

第1章 ビジョン策定の趣旨
 東日本大震災津波発災以降、これまでにない規模で岩手県民と外国人の交流が進む「岩手の開国」とも言える状況の中で、世界と岩手をつなぐ人材の育成目標と方向性を定めようとするもの。

第2章 本県におけるグローバル化の現状
 本県においては、各分野で世界(外国人)との関わりが深まり、グローバル化が進展しているとともに、幅広い分野への復興支援を契機として、世界との新たなつながりが生まれている状況にあると言える。
 また、ILCの実現に向けて、外国人にも暮らしやすいまちづくりなど、多文化共生の取組が一層求められる状況にある。

第3章 グローバル化への現状認識と今後の展望
 岩手県と世界との関係が深まっていく状況において、岩手と世界をつなぎ、「自立と共生の担い手」となる、多様なグローバル人材を育成していくことが必要。

第4章 人材育成の目標
 「国境を越えた視野と貢献心を持ち、世界と岩手をつなぐ人材」、すなわち「世界と協働する“いわてグローバルネットワーク人材”」を人材育成の目標として設定する。

第5章 人材育成の方向性
1 “いわてグローバルネットワーク人材”としての望ましい姿と主な要素
  (1) 望ましい姿
   世界との関わりを深めていくことに強い意欲を有し、多様な価値観を尊重した上で、外国人や日本人といった区別をすることなく、関係する個人個人の強みを組み合わせ、新しい価値の創造や課題の解決に取り組むことによって、世界と岩手に貢献している。
 (2) 主な要素
  ◆ 岩手県・日本国/他国に対する理解
  ◆ バイタリティ(グローバルな視点で考え、行動しようという意欲)
  ◆ コミュニケーション能力
  ◆ グローバル社会への貢献心
  ◆ 独自性・専門性
2 取組の方向性
 (1) 多文化共生の取組への県民の参画促進により、グローバルネットワーク人材の裾野の拡大
 (2) グローバルネットワーク人材に求められる各要素の確立・充実により、より深く世界と関わる人材の育成
3 平成26年度における県の主な取組(以下に若者女性協働推進室※所管分を例示)
 (1) 多文化共生地域づくり事業(公益財団法人岩手県国際交流協会への補助)
   ・外国文化等の理解に関する行事等への講師派遣
   ・本県在住外国人からの相談対応(巡回相談、相談員派遣) など
 (2) いわてグローバルネットワーク人材育成事業
   ・県内各地からの公募により選定した本県高校生10名を米国に派遣
   ・次代を担う高校生が異文化体験や米国で活躍する本県出身者、現地高校生等との交流を通じ、グローバルな視点が涵養されるとともに、 “いわてグローバルネットワーク人材”としての素地が育成
   ・派遣生徒は、帰国後、学校報告会を通じて米国との「つながり」を学校内で共有するとともに、交流した米国在住者との情報交流を行うことにより、学校や地域における米国との架け橋となることを期待

 ※政策地域部NPO・文化国際課は、平成26年4月1日から、環境生活部若者女性協働推進室となります。

添付ファイル

いわてグローバル人材育成ビジョン(本文)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 若者女性協働推進室 国際担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5336、019-653-1567(国際電話対応) ファクス番号:019-629-5354
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.